のほほん育児 小バナー

スイス・アルプスの麓でのほほん育児《3》夫婦のあるべき姿って?

このお話に登場する人と猫

スイス育児 自己紹介

自己紹介とごあいさつ
スイスのド田舎で、牛や羊と山に囲まれて暮らしています。家族構成はスイス人の夫、イチ(息子)、ポーちゃん。

ちなみに、こんなところに住んでいます。
冬は雪だらけ!寒いっ!
スイス冬
夏は緑いっぱい!山!山!山!
スイス 初夏

スイスでの育児にまつわる、びっくりしたこととか感じたことを描かせていただきます。

第3話

スイス3_1

スイス3_2

スイス3_3

スイス3_4

スイス3_5

スイス3_6

たった生後3ヶ月の赤ちゃんを預けてデート!?お泊まり???

ベビーブルーから這い出てきた幸せムードをぶっ壊したカルチャーショック。

「夫婦が仲がいいおかげでこの子がいる」という言葉に、またまたカルチャーショック。

大切にするのはまず自分、そして自分の愛した人、そして子供。

「我が子がすべて、子供が一番大事」の私とは全く逆のコンセプト。

ママ友に「男の人にとってはとても大事なこと。子供が生まれてからは夫婦の時間を大切にしないと夫がかわいそうだし、よそを向いてしまう」とも言われてまたまたショック。

苦悩のあと自分の気持ちを夫に打ち明けたら、イチが好きすぎる彼は、私よりショックを受けてた。

この人を選んでよかったと思う瞬間でした。


◆「スイス・アルプスの麓でのほほん育児」の記事一覧

のほほん育児 小バナー


ケイコモエナ

ケイコモエナ

作者

日本生まれイギリス育ちスイス暮らし中ですが、心も体もコテコテの関西人です。ニューヨークのメディアを中心に、イラストレーターとして活動しています。日々の面白かった事や心のつぶやきを子供たちのために残したくて、マンガをはじめました。Instagram(@keikomoena)で、スイスの山奥での生活について綴っています。