のほほん育児 小バナー

スイス・アルプスの麓でのほほん育児《6》1人と1匹の微妙な距離感

このお話に登場する人と猫

スイス育児 自己紹介

自己紹介とごあいさつ
スイスのド田舎で、牛や羊と山に囲まれて暮らしています。家族構成はスイス人の夫、イチ(息子)、ポーちゃん。

スイスでの育児にまつわる、びっくりしたこととか感じたことを描かせていただきます。

第6話

スイス6_1

スイス6_2

スイス6_3

スイス6_4

スイス6_5

スイス6_6

わが家の猫、ポーちゃん。義姉が飼っている母猫からもらってきた、雑種のグレー雄猫。

うちにやって来た日から、それはそれはわが子のように夫と可愛がりまくりの日々。

妊娠中からどうなることかと心配していたものの、これといった対処法は考えずにイチを連れて帰宅。

「これは、対処法を考えねば…」と思った矢先に、いきなりの順応。その早さにびっくりさせられました。

その順応性、私も欲しいよーーーー!


◆「スイス・アルプスの麓でのほほん育児」の記事一覧

のほほん育児 小バナー


ケイコモエナ

ケイコモエナ

作者

日本生まれイギリス育ちスイス暮らし中ですが、心も体もコテコテの関西人です。ニューヨークのメディアを中心に、イラストレーターとして活動しています。日々の面白かった事や心のつぶやきを子供たちのために残したくて、マンガをはじめました。Instagram(@keikomoena)で、スイスの山奥での生活について綴っています。