のほほん育児 小バナー

スイス・アルプスの麓でのほほん育児《7》ハーフっ子の名付け方法

このお話に登場する人と猫

スイス育児 自己紹介

自己紹介とごあいさつ
スイスのド田舎で、牛や羊と山に囲まれて暮らしています。家族構成はスイス人の夫、イチ(息子)、猫のポーちゃん。

スイスでの育児にまつわる、びっくりしたこととか感じたことを描かせていただきます。

《7》ハーフっ子の名付け方法

アルプス7_1

アルプス7_2

アルプス7_3

アルプス7_4

アルプス7_5

アルプス7_6

私の名前はケイコ。毎年、学校のクラスにはケイコちゃんが3〜4人はいた。夫も同じくよくある名前。

誰とも被らないような、唯一無二な名前に憧れて育った私たち夫婦。

2人で相談した結果、ファーストネームは日本名で、セカンドネームはフランス語でということに。

日本語名の場合、私にはきれいな音に聞こえても、フランス語を話す夫にはきれいに聞こえる音と、そうでない音があったり。

さらに、音によってはフランス語の単語になってしまうという難関まで…。

「決まらない〜!」と思っていた矢先、「フッ」と思いついて言った名前を2人ともストンと気に入り、無事に決まったのでした。

唯一無二感伝わりますか?

◆「スイス・アルプスの麓でのほほん育児」の記事一覧

のほほん育児 小バナー


ケイコモエナ

ケイコモエナ

著者


Instagram(@keikomoena)で、スイスの山奥での生活について綴っています。