育児漫画 ツルリンゴスターの毎日はなまる ヘッダー

3人育児のリアル子供服事情|ツルリンゴスターの毎日はなまる #25

登場人物

育児漫画 ツルリンゴスターの毎日はなまる 登場人物

ツルリンゴスター(私):絵を描く主婦。30代。

アオ:2018年3月生まれの女の子。ツルリンゴ家のアイドル。よく眠りあまり泣かないびっくり赤ちゃん。

兄ーズ:長男5歳、こだわり強めのいいやつ。次男3歳、お調子者だが時に核心を突く。

:よく働く3児の父。家族が大好き。

第25話

育児漫画 ツルリンゴスターの毎日はなまる 25話


育児漫画 ツルリンゴスターの毎日はなまる 25話


育児漫画 ツルリンゴスターの毎日はなまる 25話


育児漫画 ツルリンゴスターの毎日はなまる 25話


育児漫画 ツルリンゴスターの毎日はなまる 25話


育児漫画 ツルリンゴスターの毎日はなまる 25話

ツルリンゴスターのあとがき

出産前、私は子ども服を買うことをとても楽しみにしていました。

「着心地が良くてその子に合った服を選んで買ってあげたいな」と夢見ていました。

そして出産。赤ちゃんを目の前に、私は出産前に用意していた ”赤ちゃん肌着12点セット”では到底数が足りないことに呆然とします。

飲ませた直後に乳を吐く→着替える。オムツからウンチが漏れる→着替える。永遠この繰り返しです。

一日に一体何回着替えさせるのか・・・5分前に着替えさせたのに今また着替えさせている・・・。

頭をぐるぐるさせながら激安子ども服店に走り、肌着とドレスオールを大量にカゴに突っ込むのでした。


子どもが少し大きくなり、保育園に入れると「1日に3回着替えますので、毎日3セット着替えを用意してください」との指示。

仕事も始まり、天候の悪い日が続くと洗濯ができないときもあるでしょう。

ならば10セットあれば1週間を乗り越えられるかな?と考え、また激安子ども服店に走ります。

子ども服事情、出産前に思い描いていたものと現実は大きく違いました。

こんなに大量に必要になるとは…。

小さい子どもは「着替える」ことが本当に多いのです。


それでも子ども服を買うときはやっぱり楽しいですね。サイズと数でいつも長時間悩んでしまいます。

”男の子は青、女の子はピンク”というようなボーイズ・ガールズ服のよくわからない差が私は好きではないので

子どもが小さい頃はおり混ぜて買うようにしています。

ジェンダーフリーの子供服を取り扱っているお店もあるので、同じようなことが気になる方は調べてみるといいかもしれません。


長男6歳と次男4歳は服の好みが出てくるようになりました。一緒に買いに行くと嬉しそうに選んでくれます。

アオは1歳ですが、一緒に選べるようになるのが今から楽しみですね。

次回予告

26話目は、2019年11月27日(水)に配信予定です。お楽しみに!

◆「ツルリンゴスターの毎日はなまる」を読むならアプリが便利!

ツルリンゴスター ポッケ誘導バナー


ツルリンゴスター

ツルリンゴスター

作者

静かな赤ちゃんアオと、そんなアオが大好きな兄ーズの2人、働き者で家族思いの夫、そして私。思うようにいかない日もあるけれど、5人でいれば毎日はなまるです。twitter(@turu96)とInstagram(@tsururingostar)でも漫画を描いています。Twitterはドラマネタも多め!

この記事は育児マンガアプリ「ninaruポッケ」限定記事です。

記事を読むにはアプリをダウンロードする必要があります。