新米パパから、君へ

娘の「ぎゅー」から始まる最高の朝|新米パパから、愛しい君へ #3


この連載は、アラフォー営業マンpapakomaさんが描く、ひとり娘あんなちゃんとママとの日々の記録。

第3回は、毎朝あんなちゃんが欠かさずにしてくれる、うれしい習慣についてのお話です。

パパにとっては急なご褒美

新米パパから、君へ 第3話a 新米パパから、君へ 第3話a


思いもよらない時の

ぎゅーって

最高。

まさか忘れるなんて

新米パパから、君へ 第3話b 新米パパから、君へ 第3話b


いつも起きると「パパーっ!」と、

目をこすりながら駆け寄ってきます。

最近は「おはよ」と言ってハグをするのが日課です。

でも先日、ハグを忘れたら

「ぎゅう」と指摘されました。

なんてかわゆす。

しかし…

それでも行かねばならぬ会社。


◆「新米パパから、愛しい君へ」の記事一覧

そばに来てくれること、笑ってくれること|新米パパから、愛しい君へ #1

そばに来てくれること、笑ってくれること|新米パパから、愛しい君へ #1


パパの心はいつでも君にくぎづけ|新米パパから、愛しい君へ #2

パパの心はいつでも君にくぎづけ|新米パパから、愛しい君へ #2


娘の「ぎゅー」から始まる最高の朝|新米パパから、愛しい君へ #3

娘の「ぎゅー」から始まる最高の朝|新米パパから、愛しい君へ #3


「ママとパパとがいい」が嬉しい|新米パパから、愛しい君へ #4

「ママとパパとがいい」が嬉しい|新米パパから、愛しい君へ #4




papakoma

papakoma

作者

アラフォー営業マン。たれ目たれ眉系女子の娘と、妻との3人暮らし。娘のことをなかなか理解できなくて打ちひしがれたり、でも、ふと気持ちが通じ合えた瞬間に熱い涙を流したり。何とかして娘に気に入られようと育児をがんばる新米パパの日記をInstagram(@papakoma)にて公開中。