そして父にならない

【最終話】1日遊んで、世のママ・パパを尊敬!|そして父にならない#10

1人山奥にこもって家づくりに励んできた男が出会った女性は、5歳の男の子「もっち」を育てるシングルマザー。

実の父親から虐待を受けて育った男が「もっち」と過ごす中で、見つけた答えとは。コミックエッセイ「そして父にならない」の第10話(最終話)です。

▼前回のお話はこちら

お別れの時。彼女の息子がフリーズしてしまった訳|そして父にならない#9

お別れの時。彼女の息子がフリーズしてしまった訳|そして父にならない#9


▼第1話はこちら
世話焼きおばちゃんに散髪の相談をした結果…|そして父にならない#1

世話焼きおばちゃんに散髪の相談をした結果…|そして父にならない#1

第10話

そして父にならない カトーコーキ 10話


そして父にならない カトーコーキ 10話


そして父にならない カトーコーキ 10話


そして父にならない カトーコーキ 10話
<おわり>

(C)カトーコーキ/イースト・プレス
※この連載は『そして父にならない』(イースト・プレス)からの転載です。

読者の声を募集中!

現在、『そして父にならない』に対する感想やコメントを募集しています。

どんな些細なことでもかまいませんので、ぜひご記入ください。

感想を書く

続きが読みたい方へ

今回で『そして父にならない』の転載は終了です。

続きが読みたい!という人は、ぜひ書籍を購入してお読みください。

そして父にならない

そして父にならない 書影

父親にはならない。けど、愛してる。

小さい頃から父親からの心理的虐待を受けて育ち、そのせいで他者との距離感が取れないまま成長した著者。果ては東北大震災でも被災をうけ、うつ病になってしまう。

「自分のような人間が、家族を持つべきではない」

その信条のもと、長い間恋人も作らず、1人山奥にこもって家づくりに励んできたが、ひょんなことからある女性と出会い、お付き合いすることに。その女性は「もっち」という5歳の男の子を育てるシングルマザー。

実の父親から虐待を受けて育った男が、突然「父親」的な存在になってしまう。しかし、初めて出会った日「もっち」をとても可愛く愛しく感じてしまい……。

父親のこと、自分のことを見つめ直しながら「もっち」と過ごす中で、著者が見つけた答えとは。

ぜひお手にとってみてくださいね。


カトーコーキ

カトーコーキ

作者

福島県南相馬市出身。2011年3月11日、東日本大震災・福島第一原発事故により故郷を捨て移住。陶芸家を経てエッセイ漫画家となる。それまでの体験を描いたコミックエッセイ「しんさいニート」(イースト・プレス)がある。