母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。【4】

大切な人を亡くす瞬間は、誰しもやってくる。その覚悟はできていたはずだったのに…

母の死が近づく闘病の日々と、母を失った日常で著者が気づいたこととは…?

涙と希望に溢れる家族エッセイ漫画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」をお届けします。

↓第1話のお話はこちら

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。【1】

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。【1】


↓前回のお話はこちら
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。【3】

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。【3】

第4話

宮川サトシ 遺骨 4


宮川サトシ 遺骨 4


宮川サトシ 遺骨 4


宮川サトシ 遺骨 4


宮川サトシ 遺骨 4


宮川サトシ 遺骨 4


宮川サトシ 遺骨 4


宮川サトシ 遺骨 4
つづく

(C)宮川サトシ/新潮社
※この連載は『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(新潮社)からの転載です。

次回予告

宮川サトシ 遺骨 4話 次回予告

つながらないことは分かりきっている母の電話番号にかけてみようとするが…

次回は2021年7月27日(火)に公開予定です。

お楽しみに!

読者の声を募集中!

現在、「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の感想やコメントを募集しています。

どんな些細なことでもかまいませんので、ぜひご記入ください。

感想を書く

早く続きが読みたい方へ

次回まで待てない!早く続きが読みたい!という人は、ぜひこの本をお読みください。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

宮川サトシ 遺骨 書籍カバー

「あんたもワテが産んだ傑作やでねぇ、なんも心配しとらんよ」。

かつて僕が白血病になった時、母はこう笑い飛ばした。今度は僕が母を救う、そう決めたはずだったのに…

死が近づく闘病の日々と、母を失った日常で著者が知った、最愛の存在がいない世界とその死の本当の意味とは…

ぜひお手にとってみてくださいね。


宮川サトシ

宮川サトシ

作者

週刊新潮のうしろで漫画描いてます。地方出身妖怪たちの日常を哀愁あふれるタッチで描いたコメディー『東京百鬼夜行』で2013年デビュー。原作者をつとめるSFギャグ『宇宙戦艦ティラミス』のほか、『情熱大陸への執拗な情熱』『そのオムツ、俺が換えます』『僕!!男塾』(原作)など。Twitter(@miyagawa_sato)、noteはこちら