娘が不登校になりました。

娘が不登校になりました。#5

中学2年生になる娘が、ある朝突然「おなかが痛い」と言い出し、学校にいかなくなってしまった。

学校への相談、フリースクール通い、私立中学への転入など、漫画家の母が娘のために奔走した日々を描くコミックエッセイ「娘が不登校になりました。」をお届けします。

▼前回のお話はこちら

娘が不登校になりました。#4

娘が不登校になりました。#4

第5話

娘が不登校になりました。第5話


娘が不登校になりました。第5話


娘が不登校になりました。第5話


娘が不登校になりました。第5話


娘が不登校になりました。第5話


娘が不登校になりました。第5話
<つづく>

(C)小林薫/ぶんか社
※この連載は『娘が不登校になりました。「うちの子は関係ない」と思ってた』(ぶんか社)からの転載です。

次回予告

次回は2021年10月24日(日)公開予定です。

お楽しみに!

読者の声を募集中!

現在、「娘が不登校になりました。」の感想やコメントを募集しています。

どんな些細なことでもかまいませんので、ぜひご記入ください。

感想を書く

早く続きが読みたい方へ

次回まで待てない!早く続きが読みたい!という人は、ぜひこの本をお読みください。

娘が不登校になりました。
「うちの子は関係ない」と思ってた

娘が不登校になりました。「うちの子は関係ない」と思ってた 書影

中学2年生になる娘が、ある日突然学校にいかなくなってしまった。

原因は学校なのか、家庭環境なのか、友達によるいじめなのか、それとも娘自身なのか……?

学校への相談、フリースクール通い、私立中学への転入など、漫画家の母が娘のために奔走した日々を描くコミックエッセイ。

ぜひお手にとってみてくださいね。


小林薫

小林薫

作者

俳優ではない漫画家のほうです。小林可多入の名義で学習漫画などでも活動しています。Twitter(@kobayashikaoru