三つ子産んだら死にかけました。

三つ子産んだら死にかけました。【2】

妊娠したら、まさかの三つ子だった!?

中絶の検討や、家族の反対、切迫早産の危機…。

作者である、お肉おいしいさんが母の体験をもとに描いた「三つ子産んだら死にかけました。」をご紹介します。

↓前回のお話はこちら

三つ子産んだら死にかけました。【1】

三つ子産んだら死にかけました。【1】

第2話

三つ子産んだら死にかけました 2 転載


お肉おいしいさん 三つ子産んだら死にかけました。2 転載


お肉おいしいさん 三つ子産んだら死にかけました 2


お肉おいしいさん 三つ子産んだら死にかけました。2 転載


お肉おいしいさん 三つ子産んだら死にかけました。2 転載


お肉おいしいさん 三つ子産んだら死にかけました。2 転載


お肉おいしいさん 三つ子産んだら死にかけました。2 転載


お肉おいしいさん 三つ子産んだら死にかけました。2 転載
<つづく>

※この連載は『三つ子産んだら死にかけました。』(ぶんか社)からの転載です。

次回予告

三つ子産んだら死にかけました 2話 次回予告

妊娠中に子宮口が開いてしまわないように、子宮頸管を外側から縛る「シロッカー手術」をすることになったせい子さん。

しかし、その手術が激痛で…。

次回は2021年4月12日(月)公開予定。

お楽しみに!

読者の声を募集中!

現在、『三つ子産んだら死にかけました。』の作者、お肉おいしいさんへ向けた感想やコメントを募集しています。

どんな些細なことでもかまいませんので、ぜひご記入ください。

感想を書く

早く続きが読みたい方へ

次回まで待てない!早く続きが読みたい!という人は、ぜひこの本をお読みください。

三つ子産んだら死にかけました。

お肉おいしいさん 三つ子産んだら死にかけました。書籍カバー

妊娠後、つわりが重すぎて何もできない…と思ったら、まさかの三つ子が判明!?

リスクが伴う三つ子出産でトラブルが続出。無事に出産までたどりつけるのでしょうか…?

ぜひお手にとってみてくださいね。


お肉おいしい

お肉おいしい

作者

飼い猫のきにゃとごとうを愛するオタクの女です。 趣味や仕事で漫画や絵を描いてます。Instagram(@onikuoic)、ブログで漫画を公開しています。