あんこちゃんと世界の育児なのよ カバー

スイスの育児2 おおらかな子育て|あんこちゃんと世界の育児なのよ #2

登場人物

あんこちゃんと世界の育児なのよ 登場人物

あんこちゃん:天然パーマがチャームポイントの女の子なのよ。2019年2月末生まれなのよ。

キナコさん:あんこちゃんのマンマ。出産を機に、マイペースでヒュッゲな暮らしを模索中。趣味は工作。

マメオさん:あんこちゃんのパッパ。あんこちゃんを溺愛する心配性のゲーマー。

第2話

育児漫画 あんこちゃんと世界の育児なのよ 新里碧 2話 育児漫画 あんこちゃんと世界の育児なのよ 新里碧 2話 育児漫画 あんこちゃんと世界の育児なのよ 新里碧 2話 育児漫画 あんこちゃんと世界の育児なのよ 新里碧 2話 育児漫画 あんこちゃんと世界の育児なのよ 新里碧 2話 育児漫画 あんこちゃんと世界の育児なのよ 新里碧 2話

スイスのおおらかな育児

周りのママの声やネットにあふれる体験談をチェックしては、ついついわが子と比べてしまい、その差に焦ってしまうこと、ありますよね?

「え?この月齢だと、もう寝返りするの?」とか「○○ちゃんは離乳食ちゃんと食べててうらやましいな…」などなど。

気にしないようにしていても、どうしても気になってしまう…!そんな時は、この連載を読んで、ちょっとでも心かる〜くなってもらえると嬉しいです


前置きが長くなってしまいましたが、マンガで描いたとおり、スイスの育児は日本と比べて、全体的にとってもおおらか。

たとえば、育児系の雑誌などでよく目にする「トイレトレーニング」。

スイスではなんとその言葉や概念自体無いとのことで、実際オムツは幼稚園に入園する4歳頃に卒業する子も多いそうです。おおらか〜!

おしゃぶりも同様で「やめさせなきゃ!」と親がやっきになることはなく、基本、子供が自然にやめるのに任せるスタイル。

ちょっとやそっと他の子と違っていても問題無し!大事なのは「その子自身のペースに合わせること」と、「無理をしないこと」のようです。


そしてさらに…スイスママいわく「家庭での育児は、驚くほど適当!」とのこと。

掃除も隔週でやるくらいの頻度だったり、働くお母さんは週1回お掃除を外注していたり、できる時にできる人が、できる方法でやるのが基本

夜ごはんは、週末に作ったトマトソースを1週間ずっと同じ料理で食べ続けたり、もともと夜は冷たいものを簡単に食べる文化があることから(うらやましい!)、サラダやパン、チーズやサラミなどを並べるだけのご家庭も多いそう。

宅配ピザなど便利なものもとことんフル活用して、無理をしないスタンス。


ちなみに、スイスママは「パスタをゆでただけで褒められた!」そうです。

育児と家事(復職している場合は仕事も!)の両立は、永遠の課題だと思っていたのですが…私もこれくらいならできそう!笑

「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」と無理をしてイライラしてしまうよりも、良い意味で適当にやることで、家族みんなが笑顔でいられたらハッピーですよね

※この漫画は、個人の体験に基づくものです。育児の方法や感じ方には個人差があります。



◆「あんこちゃんと世界の育児なのよ」記事一覧

あんこちゃんと世界の育児なのよ カバー


新里 碧

新里 碧

作者

取材漫画家/イラストレーター/アーティスト。Instagramではあんこちゃんのゆるゆる漫画を日々更新中です。(@babyancochan) マッチングアプリで結婚した体験を描いた書籍『アプリ婚』も、小学館より好評発売中!そのほか、ふだんのお仕事については、ホームページでご覧いただけます。