ママベストバナー

粉ミルクは赤ちゃんが飲みやすい&調乳のしやすさが◎|ママベスト2021

育児グッズを購入する際、どれを選んだらいいのか迷うことってありますよね。「買った後で後悔しない、本当に便利なものが欲しい」と思うのはママの本音ではないでしょうか。

そこでninaruシリーズでは、先輩ママが実際に使ってみて本当に良かったものを「満足度」で選出するninaruママベストを実施!(※)。

ここでは【粉ミルク】について、第1位と優秀賞を獲得した商品を発表します!

明治 ほほえみ


ママベスト おすすめポイントアイコン
産院でも使われていた安心感 ママベスト 星5 ★★★★★
粉が溶けやすく調乳がラク ママベスト 星5 ★★★★★
取扱店舗が多い ママベスト 星3 ★★★

第1位に輝いたのは、明治「ほほえみ」でした。

母乳を徹底的に研究し、赤ちゃんの健やかな発育に大切な「アラキドン酸」と「DHA」を、母乳の範囲まで配合するなど、母乳で育つ赤ちゃんと同じ成長を目指した栄養設計と、確かな品質でママたちの信頼が厚い粉ミルクです。

「ほほえみ」には、缶タイプのほかにもキューブタイプがあり、1個40mlで測り間違いを防げるので、調乳がラクと好評でした。

粉が溶けやすいのが魅了

  • 粉が溶けやすく調乳にストレスを感じません。赤ちゃんが泣いているときは、特に早く溶けて作りやすくて助かります。キューブタイプもあるので家では缶タイプ、外出時はキューブを使用できて便利でした。(beluさん)

母乳から粉ミルクに変えるときもスムーズ!

  • 家ではコスパの良い缶、お出かけではかさばらないキューブと、シーンで使い分けていました。母乳に味が近いのか、母乳からミルクへの移行もスムーズでした。(ちきさん)

キューブなら計り間違いがない!

  • 普通の粉ミルクだとすりきりで調節するので、何杯入れたか忘れたり、こぼしたりしてしまいます。キューブはこぼれないし、何個入れたか見て分かるので、お湯の量が分かりやすくておすすめです。(みかさん)

▼ 缶

▼ らくらくキューブ


ビーンスターク すこやかM1


ママベスト おすすめポイントアイコン
産院でも使われていた安心感 ママベスト 星5 ★★★★★
粉が溶けやすく調乳がラク ママベスト 星3 ★★★
すりきりしやすいスプーン ママベスト 星3 ★★★

ビーンスタークの「すこやか M1」が優秀賞を受賞。スティックタイプもあり、調乳がしやすいとの声が多く寄せられました。

母乳に含まれる「オリゴ糖」「シアル酸」「リボ核酸」などを配合。また、母乳調査の結果を生かし、日本で初めて「オステオポンチン」という赤ちゃんの免疫に働きかける成分も配合しています。

缶タイプを使っているママからは、50mlの専用計量スプーンが好評。ビーンスタークのメンバーズクラブ「まめコミ」でポイントをためたり、公式オンラインショップで大缶を購入するとおまけでもらえますよ。

うんちの状態がいい!

  • 産院で使用していたので、退院後も使っています。子供も嫌がることなく、粉ミルク特有の緑のうんちにならず便秘もしませんでした。(かぉりんさん)

産院お墨付きで安心

  • 産院お墨付きで安心なので、迷わず購入しました。母乳成分に近い点や栄養価が高くバランスがいい成分であることが魅力です。(harumaruさん)

おまけのスプーンが便利

  • 母乳に近い成分が入っていること、糖類が少ないことが安心して使えた理由の1つです。基本家にいることが多いなら缶タイプがおすすめ。微妙に130cc調乳したいときなど、スプーンの方が無駄がなく結果お得です。公式オンラインショップで購入すると、おまけで付いてくる50ml計量スプーンが便利でした。(ナンシーさん)

▼ 缶

▼ スティック


和光堂 レーベンスミルク はいはい


ママベスト おすすめポイントアイコン
手頃な価格 ママベスト 星4 ★★★★
粉が溶けやすく調乳がラク ママベスト 星4 ★★★★
すりきりしやすいスプーン ママベスト 星3 ★★★

粉ミルクの老舗メーカー和光堂の「はいはい」も優秀賞を獲得。手頃な価格で「買い求めやすい」と多くのママがまとめ買いをしていました。さらに、さっと溶けて調乳のしやすさも人気の理由でした。

母乳に含まれるガラクトオリゴ糖を配合したり、新生児期の発育に大切なDHAとアラキドン酸を母乳に含まれる比率で配合するなど、母乳に近いあ栄養成分も魅力ですよ。

調乳しやすい!

  • 溶けやすいのでさっと作れ、泡があまり立たないのも気に入っています。また、便秘になりにくく、赤ちゃんに合ってると感じました。値段もお手頃で、2個パックだとさらに安く買えます。どこのドラックストアにも売ってるので、手に入りやすいのも便利です。(ひなたさん)

昔からあるメーカーで安心!

  • さっと溶けるので調乳に時間がかからず、すぐにミルクをあげられるので、泣いている赤ちゃんを待たせるストレスがなくてラクでした!昔からある安心できるメーカーで求めやすい価格も魅力です。(あっくんままさん)

コスパがよくて助かる!

  • 生後6ヶ月からミルクのみの育児になりました。はいはいはコスパがよく、3缶セットにスティックタイプも付いていて経済的にも助かりました。スティックは外出用に使えて便利です。赤ちゃんもごくごく飲んで体重も順調に増えているので、満足しています。(ゆりっぺさん)

▼ 缶

▼ スティック


森永乳業 E赤ちゃん


ママベスト おすすめポイントアイコン
産院で使われていた安心感 ママベスト 星5 ★★★★★
粉が溶けやすく調乳しやすい ママベスト 星4 ★★★★
アレルギー対応で安心 ママベスト 星3 ★★★

森永乳業の「E赤ちゃん」がランクイン!牛乳タンパク質を低分子化し、赤ちゃんのアレルギー反応を抑えられるよう工夫された粉ミルクです。アレルギーに対応していて心強いとの声が多く寄せられました。

また、「ラクトフェリン」や3種類の「オリゴ酸」、母乳に含まれる「DHA」などを含み、赤ちゃんの成長や食習慣サポートにも効果的なのも魅力のひとつ。

容器は「エコらくパック」というプラスチック製のパックを使っているママがほとんどで、ゴミが捨てやすくてラク!と評判でした。

便秘が解消!

  • 一番最初に使用した粉ミルクが子供には合わないタイプだったようで、便秘がちになってしまいました。「E赤ちゃん」に変えたら、便秘が改善。 粉ミルクにも合う合わないがあることに驚きました。(なめさん)

口周りや顔が赤くならず安心

  • まずオススメなのが溶けやすいこと。さらに、他の商品では口のまわりや顔が赤くなってしまっていた息子でしたが、唯一、何の症状も出ない粉ミルクでした。赤ちゃんも親も安心してあげられるとても素敵なミルクです。少し高いですが、ミルクを必要とするわずかな時期と思って卒乳まで「E赤ちゃん」にお世話になる予定です。(ぼうたんさん)

らくらくパックが本当にラク

  • 缶タイプがほとんどですが、簡単に入れ替えできて、捨てる時も簡単ならくらくパックがおすすめです。(あいりんさん)

▼ 缶

▼ エコらくパック

▼ スティック


森永乳業 はぐくみ


ママベスト おすすめポイントアイコン
産院でも使われていた安心感 ママベスト 星4 ★★★★
粉が溶けやすく調乳がラク ママベスト 星3 ★★★
取扱店舗が多い ママベスト 星3 ★★★

優秀賞に選ばれた「E赤ちゃん」のベースになった「はぐくみ」も、同じく優秀賞を受賞しました。

ビフィズス菌を増やす3種類のオリゴ糖が、母乳育ちのような腸内環境に近づけてくれます。はぐくみも産院で多く利用されている粉ミルクで、粉が溶けやすく調乳しやすいなど使い勝手の良さで好評でした。

また「E赤ちゃん」と同じく、コンパクトでゴミ捨てがラクな、エコらくパックの利用者が多かったのも印象的でした。粉ミルクが入った袋ごと容器に入れ替えればOK。缶ゴミが出ない、スッキリ収納できるという点でママからの人気は大きいものでした。

缶ゴミが出なくていい

  • 完ミで、缶だと捨てる時にかさばるので、コンパクトなエコらくパックがあるはぐくみにしました。ほかのミルクでは便秘だった子供も快便になりました。(まゆママさん)

調乳しやすくて夫も簡単に作れる!

  • 母乳に近い成分に惹かれ購入。溶けやすく、すりきりもしやすいので、夫でも簡単に作れて助かっています。近所のドラッグストアでも手軽に購入できる点もありがたいです。(ちゃっけさん)

ゴミが捨てやすいからラク!

  • ゴミ捨てのしやすさは大事。缶のゴミは出しにくいですが、エコらくパックなら捨てやすくて助かります。(へむこさん)

▼ 缶

▼ エコらくパック

▼ スティック

粉ミルクは赤ちゃんに合うか確認しよう!

ミルクにはたくさんの種類がありますが、多くの先輩ママが「赤ちゃんの好みにあったミルクを選んでからまとめ買いしたほうがよい」と教えてくれました。

まずはお試し用サイズで試して、赤ちゃんのが飲んでくれるミルクか、体調に変化がないかなどを確認することが大切です。紹介した先輩ママの意見を参考に、ママにとっても使いやすい粉ミルクを見つけてくださいね。

※体験談は個人の感想です。

※ママベストアンケート期間:2020年7月9日~9月10日
回答数(全部門):のべ12,391回答
調査対象:ninaru/ninaru babyアプリを利用しているママ
調査方法:アプリ内アンケート
集計方法:各商品の満足度の点数を合算

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。