【保存版】ママから赤ちゃんに感染しやすい病気と初期症状一覧

赤ちゃんが病気で苦しんでいる姿は、できることなら苦しみを肩代わりしてあげたくなるくらい、親として辛いものがありますよね。しかし、残念なことに、ママ・パパから赤ちゃんに病気がうつってしまうことも。

だからこそ、特に感染症のシーズンには、赤ちゃんを病気の脅威から遠ざけておきたいもの。そこで今回は、大人から赤ちゃんにうつる感染症の種類と、大人がその病気に感染した場合の初期症状を、ninaru baby編集部が小児科医の先生に聞いてみました。

赤ちゃんに病気をうつさないためのヒントにしてくださいね。

【そのギモン、私が答えます】

小児科/なごみクリニック武井 智昭

武井 智昭

日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担当しています。感染症・アレルギー疾患、呼吸器疾患、予防医学などを得意とし、0歳から100歳まで「1世紀を診療する医師」として診療を行っています。

大人から赤ちゃんにうつりやすい病気にはどんなものがある?

ー大人から赤ちゃんに感染しやすい病気には、どのようなものがあるのでしょうか?

武井先生

武井先生

「インフルエンザ」「アデノウイルスによる風邪」「ノロウイルスによる感染性胃腸炎」「帯状疱疹」などは感染しやすいですね。

ーどれも聞いたことある病気ですね。

武井先生

武井先生

一つ一つ解説していきましょう。

赤ちゃんにうつりやすい病気1
大人のインフルエンザの初期症状は?

体温計 発熱

ーではまず、インフルエンザについて教えてください。

武井先生

武井先生

インフルエンザは冬の感染症の代表格ですよね。ママがかかってしまうと、2〜3日もあれば赤ちゃんに感染してしまうほど、感染力が非常に強いウイルスです。

ー大人が感染したときに現れる初期症状を教えてください。

武井先生

武井先生

大人がインフルエンザに感染すると、最初に38度以上の発熱の症状が現れるケースが多いです。

赤ちゃんにうつりやすい病気2
大人のアデノウイルスの初期症状は?

ママ,のどの痛み

ーアデノウイルスについて教えてください。

武井先生

武井先生

大人にとってアデノウイルスは、風邪などを引き起こすウイルスの一種です。ただし、赤ちゃんや子供に感染すると、ウイルスの種類や体の部位によって、色々な症状が現れます。

しかも、赤ちゃんの場合、重症化することもあるので、極力うつしたくないウイルスですね。

ーアデノウイルスが赤ちゃんに感染すると、どんな病気や症状が出るのでしょうか?

武井先生

武井先生

高熱が出るプール熱や目が充血するはやり目(流行性角結膜炎)、嘔吐や下痢などの症状が現れることもありますよ。

ー大人がアデノウイルスに感染した場合の初期症状は何ですか?

武井先生

武井先生

大人に現れる初期症状には、発熱やのどの痛みなどがあります。

赤ちゃんにうつりやすい病気3
大人のノロウイルスの初期症状は?

吐き気,嘔吐,ノロウイルス

ー毎年冬になると、必ずと言っていいほどノロウイルスの被害を耳にします。集団感染で保育園や学校が休みになった例もありますよね。

武井先生

武井先生

そうですね。食中毒を起こすノロウイルスの感染力は非常に強いです。大人はもちろん、子供や赤ちゃんにも感染するので、ママ・パパは家に持ち帰らないようにしたいですね。

ーママ・パパがノロウイルスに感染したときの初期症状を教えてください。

武井先生

武井先生

ノロウイルスに感染すると吐き気や腹痛などの症状が出ます。そして、嘔吐や下痢の症状に発展します。

ただし、健康な大人の場合は、感染してもこれらの症状が現れないこともあります。

赤ちゃんにうつりやすい病気4
帯状疱疹の初期症状は?

帯状疱疹,痛み,腹痛

ー「帯状疱疹」って聞いたことはありますが、どんな病気かイメージがわきません。どのような病気なのでしょう?

武井先生

武井先生

帯状疱疹は帯のように小さな水ぶくれが現れる病気です。帯状疱疹のウイルスは大人同士ではうつりませんが、赤ちゃんや子供に感染して、発症すると水疱瘡となります。

ー水疱瘡と同じウイルスが原因なんですね。帯状疱疹の初期症状はどのようなものでしょうか?

武井先生

武井先生

帯状疱疹は発症すると、肋骨に沿ってピリピリ・ジンジンするような痛みが現れます。その数日後、熱や水ぶくれなどの症状が現れます。

赤ちゃんにうつりやすい病気の初期症状が、ママ・パパに現れたらどうする?

武井智昭,小児科医

ー万が一感染症にかかってしまったら、赤ちゃんにうつす前に早く対策を打ちたいですよね。これらの初期症状が大人の体に現れた場合、赤ちゃんや子供にうつさないためにどうすればいいでしょうか?

武井先生

武井先生

例えば、インフルエンザの流行している時期であれば、熱が出たら、とにかく早く病院を受診するのがいいでしょう。

もっと言えば本当はママ・パパが手洗い・うがいなどを徹底して、感染しないことが一番いいんですけどね。

ーどの病気が流行っているかなどは、どのようにして知ればいいのでしょう?

武井先生

武井先生

東京都感染症センターや横浜市衛生研究所など、その地域の保健機関のサイトで調べることができますよ。

赤ちゃんにうつりやすい病気まとめ

赤ちゃんがかかる病気のなかには、大人から子供に感染してしまうものも少なくありません。大人が感染しないことが一番の予防法ですが、もしかかってしまった場合、早めに初期症状を見つけて、病院を受診しましょう。

大人から赤ちゃんにうつりやすい病気と、大人の初期症状を下に表としてまとめたので、参考にしてみてくださいね。

大人がかかったときの
初期症状
大人の病名 赤ちゃんの病名
発熱(38度以上) インフルエンザ
発熱、のどの痛み アデノウイルスによる風邪 はやり目、
プール熱など
吐き気、腹痛 ノロウイルスによる
感染性胃腸炎
肋骨に沿った痛み 帯状疱疹 水疱瘡(水痘)