続 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。

続 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。【5】

「友達がいるのに寂しい…」「どこにも居場所がない…」「オンラインが苦手…」「ちょっとのことで落ち込む…」

不安な気持ちがちょっとラクになる「考え方」のヒントが詰まった大人気エッセイの続編、「続 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」をご紹介します。

↓第1話のお話はこちら

続 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。【1】

続 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。【1】


↓前回のお話はこちら
続 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。【4】

続 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。【4】

人からマウントを取られる

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。5

攻撃している自覚がない人の
マウントとは、戦わない

マウントを取られるのって、すごくつらいです。SNSでも日常でも、もしそういう相手に出会ったら、私は真正面から向き合うより、逃げてしまった方がいいと思います。

なぜなら、大抵はどちらかが負けるまで終わらないかです。マウントを取りたがる人は、自分が相手より優れていることを認めさせたいだけなので、おそらく、攻撃している自覚がありません。

だから、時には相手を我慢の限界まで、追い詰めてしまうことがあります。山登りで言えば、山の高さを知らずに軽装備で登っているようなものです。

今、自分の言葉が何合目くらいまで来ているかわからないから、とても気軽に色々なことを言えてしまうんです。山の高さはマウントを取られる側のダメージの高さです。

勝てる勝負なら受けて立ってもいいのですが、自分がやられて嫌なことって、できれば人にはしない方がいいです。

幸い人間は山ではないから動けます。時には逃げるのが大変なこともありますが、可能な限り逃げるのがいいと思います。

人が察してくれない

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。5

「察してもらえる期待」より、「伝える努力」

何も言わずに、思っていることを相手が察してくれたら、そんなに楽なことはありません。

でも、残念なことに、人の心は読めないので、どんなに仲が良い人でも、思っていることをピタリと当てるのは難しいです。

察して欲しい時って、自分からは言いにくい問題を抱えている時ではないでしょうか?うまく言葉で説明できないから、気づいて欲しいし察して欲しい。

でも、できることなら、察することを期待するより、自分から話すのがいいと思います。多分、勘のいい人や親しい人なら、なんとなく察することはできるんです。

確かじゃないことを人に言うって勇気がいります。大外れしたら恥ずかしいし、それがもとで、新たな問題が生まれることもあります。

察して欲しいのは、自分が言うべきことを相手に言えないからです。

だから、できればちゃんと要件を伝えて、それでも察して欲しい時は、自分の代わりに言ってもらうことに対して、感謝の気持ちを忘れないでください。

※この連載は『続 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』(サンクチュアリ出版)からの転載です。

読者の声を募集中!

現在、「続 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」の感想やコメントを募集しています。

どんな些細なことでもかまいませんので、ぜひご記入ください。

感想を書く

続きが読みたい方へ

今回で、「続 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」の転載は終了です。

続きが読みたい!という人は、ぜひこの本をお読みください。

続 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。

今ごろパフェとか食ってるよ 書籍カバー

人間関係、仕事、将来、SNS、コロナ…

先が読めない今の時代、不安な気持ちがちょっとラクになる「考え方」のヒントが詰まったエッセイです。

第1巻も合わせて、ぜひお手にとってみてくださいね。

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。書籍カバー


Jam

Jam

作者

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』 他5冊発売中です。エレガンスイブで 「まねきねこのうた」連載中。Twitter(@jam_filter),ブログはこちら