使い捨て哺乳瓶で人気の「チューボ」を大調査!中身はどうなってる?

みなさんは、使い捨て哺乳瓶って知っていますか?名前は聞いたことはあっても、実物を見たり、使ったりしたことがある人は意外と少ないかもしれませんね。

そんな使い捨て哺乳瓶の中で特に人気を集めているのが、おでかけ用哺乳ボトル「チューボ」です。今回は、知らない人には謎多き「噂の使い捨て哺乳瓶チューボ」の中身はどうなっているのか、商品の特徴と共にご紹介します!

そもそも使い捨て哺乳瓶って知ってる?

ninaru babyが哺乳瓶ユーザーのママを対象に行ったアンケートで、知っている人が6割以上を占めることからも、その注目の高さが見てとれる使い捨て哺乳瓶。

使い捨て哺乳瓶 グラフ アンケート

しかし、「存在は知っているけど、詳しくは知らない」「使ったことがない」という声も多く聞かれました。

使い捨て哺乳瓶とは

使い捨て哺乳瓶 チューボ chu-bo!

使い捨て哺乳瓶とは、災害時など、消毒に必要な水が確保できない状況を想定して作られた、1回の授乳ごとに洗浄や消毒がいらない哺乳瓶です。

製品によっては、開封後にすぐ使えるものもあります。

使い捨て哺乳瓶はいくつかのメーカーから発売されており、乳首部分とボトル部分を組み立てて哺乳瓶型にするものや、折りたたみ式のもの、ボトルのなかにミルクを入れる取り替え式のパックを入れて使うものなどがあります。

使い捨て哺乳瓶チューボはここが凄い!

使い捨て哺乳瓶 チューボ イメージ

ここからは、使い捨て哺乳瓶の「チューボ」についてご紹介していきます。チューボには以下のような特徴があります。

消毒は一切不要!すぐに使える

チューボは既に消毒済みなので、パッケージボトルを開けたらすぐに利用することができます。災害時で哺乳瓶を消毒できないときでも、チューボがあれば安心ですね。

コンパクトで軽い携帯用サイズ

チューボは哺乳瓶のボトルがジャバラ式に収納されているので、とにかくコンパクト!持ち運びもラクラクですよ。

ミルクの吸い出し量を調節できる

チューボは吸う穴の形が楕円形になっていて、向きを変えることで吸い出す量を3段階調節することが可能です。赤ちゃんの月齢や、飲み具合に合わせて使えるところもうれしいですね。

ミルクの量がひと目で分かる

チューボのボトルにはメモリが20mlごとに付いているので、計量カップいらず!ひと目で量が分かるので、必要な量だけミルクが簡単に作れますよ。

チューボの中身を見てみよう!

使い捨て哺乳瓶 チューボ 外観
外観の見た目は、まるでガムの小型タブレットボトルのような「チューボ」。パッと見ただけで「哺乳瓶だ!」と気付く人はほとんどいないのではないでしょうか?

幅は6.5cm、高さ7.6cm、重さはわずか200g。手のひらに収まるコンパクトサイズで、カバンに入れてすぐにでも持ち運べそうです。ユニークな赤ちゃんの顔もポイントです。

ボトルケースを開けるとこんな感じ

使い捨て哺乳瓶 チューボ 中身①
チューボのビニールの包装を取って、中のボトルケースを開けた写真。左のカップの中にはジャバラ状に折りたたまれた哺乳瓶のボトル本体が、右のフタ部分には乳首が入っていました。

ジャバラ状の哺乳瓶ボトル本体を伸ばします

使い捨て哺乳瓶 チューボ 中身②
ジャバラ状になった哺乳瓶のボトル本体を、ゆっくり伸ばしていきます。

写真のように親指を添えて扇状に伸ばします。最初はちょっとコツがいるかもしれませんが、慣れれば簡単ですよ。

ボトルを伸ばし乳首を付けたら哺乳瓶の完成

使い捨て哺乳瓶 チューボ 中身③
ボトルを伸ばして、上に乳首を取り付けたらあっという間に使い捨て哺乳瓶「チューボ」の完成です!

乳首の根元には、よく見ると1〜3までの数字が書いてあります。ミルクを入れ、数字が上向きになるようにして飲むと、それぞれの番号で異なった量のミルクを吸い出すことができますよ。写真の番号解説を参考に、月齢や好みで使い分けてみてくださいね。

チューボはこんなときのお役立ちアイテム

  • 災害時の哺乳に
  • 旅行のときの哺乳に

「チューボ」は便利な携帯用使い捨て哺乳瓶として、旅行先はもちろん、赤ちゃんのための防災グッズとしてもおすすめです。自治体で災害備蓄用品として、使い捨て哺乳瓶を取り入れているところもあるそうです。

▼コチラから購入できます

Chu-bo(チューボ) chu-bo! チューボ おでかけ用ほ乳ボトル

chu-bo! チューボ おでかけ用ほ乳ボトル
税込価格
736円

旅行先にガラスの哺乳瓶を持って行くのが面倒で購入。軽くて使い勝手も良く、赤ちゃんもいつも通り飲んでくれました。気に入ったので、多めにストックを購入して災害時用として家に置いています。(ルリさん 30代)

使い捨て哺乳瓶「チューボ」はいざというときの頼もしい味方

噂の使い捨て哺乳瓶「チューボ」に迫った今回の記事、いかがでしたか?

赤ちゃんを連れて旅行するときの便利アイテムとして。また、いざというときに大切な赤ちゃんを守る為の備えとして、持っておいて損はなさそうですね。


塙 佑佳

塙 佑佳

はなわ ゆか

ガーデン&インテリア雑誌の編集歴6年 「こそだてハック」「ninaru baby」編集歴2年目。3歳の女の子のママです。北欧雑貨や、世界の素敵な絵本を集めるのが趣味。ジブリ好きで、ママになってからトトロで泣く回数がさらに増えました。周りと被らない服や小物探しが得意です。
https://eversense.co.jp/member/hanawa-yuka

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。