【動画付き】テープタイプのおむつ替え解説!新生児の足の持ち方は?

赤ちゃんのお世話で新米ママが苦労することの一つが「おむつ替え」。特に新生児の頃は、「おむつを上手につけられているか不安」「赤ちゃんの負担にならない足の持ち方は?」と困っているママがたくさんいると思います。

そこで今回は、テープタイプのおむつ替えの方法を、画像や動画を使って徹底的に解説します!

おむつ替えの方法を動画で解説!


※今回ご紹介する動画では、赤ちゃん人形を使用しています。また、動画撮影用にパンツを履かせています。

テープタイプのおむつ替えの方法

  1. 新しいおむつを開き、内側のギャザーを立てて置く
  2. 新しいおむつの上に赤ちゃんを寝かせる
  3. 使用済みのおむつを開く
  4. 赤ちゃんの両足を軽く持ち上げておしりの汚れを拭き取る
  5. 使用済みのおむつを手前からくるくる丸めながら引き抜く
  6. 新しいおむつを当てる
  7. 体に合わせてテープを留める
  8. ウエストに指2本入るきつさに調節する
  9. 脚まわりのギャザーを外に出し、おむつの形を整える

テープタイプのおむつ替えは、このような手順でやってみましょう。

ここからは、テープタイプのおむつを替えるときのポイントを解説していきます!

おむつ替えポイント1. 足の持ち上げ方

おむつ 足の持ち方

おしりの汚れを拭いたり使用済みのおむつを引き抜いたりするときに、赤ちゃんの足を持ち上げる必要があります。

柔らかくて足を持つのが難しい、バタバタ足を動かしてなかなか持てないというときは、赤ちゃんの膝の裏に手を入れて、やさしく胸の方に足を押し上げてみてください。

おむつ替えは足の持ち方に注意!

赤ちゃんの足を持ち上げるときに、足を無理やり引っ張り上げるのはNG!特に新生児の赤ちゃんは、足首を引っ張り上げてしまうと股関節脱臼になってしまう恐れがあります。

おむつ替えで足を持つときは、できるだけふくらはぎより上を持つと、一点に力が入りすぎず、赤ちゃんの足に負担をかけずに済みますよ。

おむつ替えポイント2. おしりの拭き方

おむつ替え おしり拭き方

赤ちゃんの肌はとてもデリケート。おしりの汚れは、撫でるようにさっと拭き取ってあげてください。うんちのときだけでなく、おしっこのときも優しく拭いてあげてくださいね。

さらにおしりの拭き方は、男の子と女の子でそれぞれポイントが異なります。

男の子の拭き方

おちんちんの裏側に汚れがたまりやすいので、男の子のおむつ替えで拭くときは、おちんちんを持ち上げて丁寧に汚れを拭き取ってあげてください。

女の子の拭き方

うんちの中の菌が尿道に入ってしまうと炎症を起こす恐れがあるので、女の子のおしりを拭くときは必ず前から後ろへ拭きましょう。

ここに注意!

うんちがべったりくっついていたり、汚れがなかなか取れなかったりするときに、おしりふきで肌をこするのはNG!おしりふきで何度もこすってしまうと、おしりがかぶれてしまいます。

汚れが取れないときや、うんちが背中まで広がっている場合は、

  • ぬるま湯で濡らしたコットンで優しく拭き取る
  • ぬるま湯を張った洗面器で洗う

このどちらかの方法できれいにしてあげてください。ゆるゆるうんちのときは、水差しやソースボトルで水をかけておしりや背中をきれいにするママもいるようですよ。

おむつ替えポイント3. テープの留め方

おむつ替えで困ることが多いのが、テープの留め方ではないでしょうか。テープの位置はこれでいいのか、どれくらいのきつさで留めるのか、迷うママが多いようです。

テープを留める位置

おむつ替え 位置

おむつの前の部分は、おへその少し上のあたりにくるようにしましょう。テープは横ではなく体の前の部分で、左右対称に留めます。

テープの留め方

おむつ替え テープ

はじめは上の画像の矢印の部分が内側に折り込んであるので、テープで留める前に外に出すことを忘れずに。

また、この部分がくしゃくしゃになっていると横漏れしやすくなるので、留めるときには体に沿わせるように伸ばしてくださいね。

テープを留めるきつさ

おむつ替え テープ きつさ

テープを留めるきつさは、ウエストに指が2本入るくらいが目安です。ゆるすぎると背中や横から漏れてしまうので、ゆとりを持たせすぎないようにしましょう。

授乳後におむつ替えをする場合は、お腹の余分な空気を取り除くために、赤ちゃんにげっぷをさせてから替えるのがおすすめですよ。

おむつ替えポイント4. ギャザーの出し方

意外と忘れがちなのが、おむつのギャザー。ギャザーはうんちやおしっこが漏れるのを防ぐ堤防のようなものなので、しっかり立てることが大切です。

脚まわりのギャザーが倒れていたり、内側に入り込んでいたりすると横漏れの原因に。おむつ替えのときは、最後に足の付け根のギャザーを外に出すことを忘れないようにしましょう。

足とおむつとの間に指を入れると、ギャザーが出しやすいですよ。

おむつ替えポイント5. おむつの捨て方

おむつ替えは、おむつを替えて捨てるところまでが一連の作業。初めておむつを替えるとき、「この汚れたおむつは一体どうしたらいいの?」と困るママが多くいます。

おむつを捨てる手順

  1. 使用済みおむつを手前からくるくる丸める
  2. サイドテープでしっかり留めて、捨てる

使用済みのおむつは、この手順で捨てましょう。おしっこのときは、上の動画よりもさらに小さく丸めることで、捨てるおむつの量が少なくなりますよ。

おむつ替えの方法をマスターして楽しくお世話をしよう!

おむつ テープ イメージ

今回ご紹介したのは、おむつ替えの基本的な方法です。しかしこの通りにおむつ替えをしても、赤ちゃんは思わぬことをすることがたくさんあると思います。

1日に何度もおむつ替えをしていると、嫌になることもあるかもしれませんが、様々なハプニングも楽しんで赤ちゃんのお世話ができるといいですね。

パンツタイプのおむつの替え方については、下記の記事をご覧ください!

【動画付き】これで困らない!おむつ替え徹底解説〜パンツタイプ編〜

【動画付き】これで困らない!おむつ替え徹底解説〜パンツタイプ編〜


石川 瑛子

石川 瑛子

いしかわ ようこ

「こそだてハック」「ninaru baby」編集者2年目。大学時代はノルウェーに留学し、北欧の教育や子育て政策、ジェンダーについて研究していました。趣味は写真を撮ること。旅行先には欠かさず一眼レフを持っていきます。
https://eversense.co.jp/member/ishikawa-yoko