《赤ちゃんのコップ飲み虎の巻》保育士おすすめの練習方法とは?

赤ちゃんが離乳食を食べ始めると、次に気になるのがコップ飲みを始めるタイミングなのではないでしょうか?

そこで今回は、保育士のかおる先生と先輩ママに教えてもらったコップ飲みの練習方法について、詳しくご紹介します!

赤ちゃんのコップ飲みはいつから練習する?

赤ちゃん コップ飲み

赤ちゃんのコップ飲みの練習を始めるのは、一般的に離乳食が2回食になる生後7〜8ヶ月頃と言われています。

生後5ヶ月以前からコップを使って飲む練習を始めるママも多いようですが、月齢の低い赤ちゃんにコップ飲みは難しいと小児科医の武井先生は言います。

武井先生

武井先生

生後4〜5ヶ月頃の赤ちゃんは、まだ手先を器用に使うことが難しいので、自分でコップを持って飲むことは難しいでしょう。

赤ちゃんは、生後9〜12ヶ月頃までにコップ飲みができるようになれば大丈夫なので、焦る必要はありませんよ。

武井先生の言うように、赤ちゃんにとっては、いきなりコップを使って飲むのは難しいもの。

まず先にスパウトやストローマグを使って、哺乳瓶以外のものから飲む練習をさせることが大切です。

スパウトやストローマグは、だいたい生後5〜6ヶ月頃から使い始めると良いでしょう。

赤ちゃんのコップ飲みに向けた練習ステップアップ決定版

オリジナル さゆちゃん

それではここから、赤ちゃんのコップ飲みに向けた練習のステップアップ方法をご紹介します!

STEP1

生後5〜6ヶ月頃:スパウトで飲む練習

スパウトとは、小さな穴が開いた吸い口のついているマグのこと。

まずはスパウトを使って、乳首以外の飲み方に慣れさせましょう

STEP2

生後8ヶ月頃:ストロー飲みの練習

スパウトから飲めるようになったら、ストローを使って飲む練習をしてみましょう。

コップにストローをさして練習をすると、コップを倒して中身をこぼしてしまうこともあるので、蓋がついているストローマグが便利ですよ。

STEP3

生後8ヶ月頃〜:コップ飲みの練習

赤ちゃんがコップに手を伸ばすなど、コップに興味を持ち始めたら、コップを使って飲む練習を始めてみましょう。

コップ飲みの練習ステップはこの順番が一般的ですが、スパウトを使って飲むのが苦手な赤ちゃんや、ストロー飲みができる前にコップ飲みができる赤ちゃんもいます。

上記のようなステップ通りでないからと焦らず、赤ちゃんに合わせてコップ飲みの練習をしてくださいね。

赤ちゃんのコップ飲み練習におすすめのコップは?

赤ちゃんのコップ飲み練習を始める前に、赤ちゃん用のコップを用意しましょう。

ここからは、保育士のかおる先生と先輩ママおすすめのコップをご紹介します。

取っ手が2つ付いているコップ

かおる先生

かおる先生

コップ飲みの練習には、取っ手が2つ付いているコップがおすすめです。まずは両手でコップを持って飲む練習をしてみましょう。

プラスチック製のコップ

かおる先生

かおる先生

プラスチック製のコップは軽いので、赤ちゃんが使いやすいですよ。

また、赤ちゃんは力の加減ができないので、コップを雑に机に置いたりする可能性もあるので、壊れにくい丈夫なものがいいでしょう。

透明なコップ

あいりちゃんママさん

あいりちゃんママさん

透明なコップなら、子供の口に入る水の量が分かるので傾きを調整しやすいです。

しのぶさん

しのぶさん

透明なコップを使うと、子供が飲んでいる量が分かるのでおすすめです。

これらの3つの条件を満たしているコップは、たとえば次の2つのような商品です。参考にしてみてくださいね。

リッチェル アクリア コップでマグ

ワオベビーカップ

赤ちゃんのコップ飲み練習方法は?

しゅうたくん

では赤ちゃんがコップを使って飲む練習は、どのようにすればよいのでしょうか?

保育士のかおる先生に、コップ飲みの練習方法を教えてもらいました!

赤ちゃんのコップ飲みの練習方法

かおる先生

かおる先生

赤ちゃんにとってまず難しいのが、コップの傾きを調節すること。最初はコップを傾けすぎて、中身をこぼしてしまうことがよくあります。

なので、赤ちゃんのコップ飲み練習をするときは、ママが手で支えてコップの傾きを調整してあげましょう。

また、赤ちゃんがコップ飲みを練習するとき、コップに入れる水は以下のことに注意が必要とのこと。

ポイント1:少量の水からスタート

かおる先生

かおる先生

最初からたくさんの量をコップで飲むのは難しいので、少量の水から始めましょう。

赤ちゃんが一口で飲めるように、ペットボトルのキャップ1杯くらいを目安にするといいですよ。

ポイント2:ぬるめの水を使う

かおる先生

かおる先生

コップの水が冷たすぎると、飲んだときに赤ちゃんがびっくりしてしまいます。コップ飲みの練習をするときは、ぬるめの水を使うのがいいですよ。

赤ちゃんのコップ飲み練習のコツは?

赤ちゃんのコップ飲みを練習するときに、何かコツはあるのでしょうか?

先輩ママたちのアンケート(※)で多く集まった、コップ飲み練習の2つのコツをご紹介します。

コップ飲み練習のコツ1
「お風呂でやるのが大正解◎」

赤ちゃん お風呂

コップに入れる水の量を増やしていくと、中身をこぼしたときに服や机などがたくさん濡れてしまいます。

お風呂なら、コップの中身がこぼれて濡れることを気にせず練習できるので、ママたちに人気のようです。

かぁべぇさん

かぁべぇさん

お風呂に入るときに、コップ飲みの練習しました。お風呂で練習すれば服や机が濡れないし、毎日欠かさず練習できるのでおすすめです!

うりぽんさん

うりぽんさん

お風呂場にペットボトルを持参して、お風呂に浸かりながら遊び感覚でコップ飲みの練習をしていました。服が濡れて毎回拭く手間が省けるし、とても楽しいです。

あいちょんさん

あいちょんさん

お風呂で遊びながら練習をして、コップ飲みを覚えました。

コップ飲み練習のコツ2
「無理強いしない、諦めも大切」

赤ちゃん 泣く

赤ちゃんにコップ飲みをさせようとすると、中身をこぼしたり、コップで飲むのを嫌がったりすることもしばしば。

最初から上手に飲めるわけではないので、こぼすものだと諦めてタオルを首に巻いて練習したり、嫌がったら練習をストップしてあげましょう。

れるぴさん

れるぴさん

最初からはなかなか難しいので、口の下にティッシュやタオルをおいて、中身がこぼれても気にせず練習しました。だんだんコップに慣れてくると、飲めるようになりました。

エミ蔵母さん

エミ蔵母さん

中身をこぼして濡れるのは当たり前のこと。服が汚れないように練習することを、最初から諦めていました。

ゆなままさん

ゆなままさん

子供がコップを嫌がったので、汁物を飲むお椀を渡してみました。お椀で飲めたのでコップを渡してみると、上手に飲めました。

赤ちゃんのコップ飲みは焦らずゆっくり練習しよう!

赤ちゃん コップ飲み

これまで哺乳瓶やおっぱいから水分補給をしていた赤ちゃんにとって、コップから水を飲むのはママが思っているよりも難しいこと。

コップ飲みができるタイミングには個人差があるので、赤ちゃんのペースにあわせて練習していきましょう。

※ アンケート概要
実施期間:2018年11月25日~11月27日
調査対象:生後3ヶ月〜2歳の子供をもつママ
有効回答数:75件
収集方法:Webアンケート


取材協力:武井 智昭

取材協力:武井 智昭

小児科/なごみクリニック


日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担当しています。感染症・アレルギー疾患、呼吸器疾患、予防医学などを得意とし、0歳から100歳まで「1世紀を診療する医師」として診療を行っています。

取材協力:中川 薫

取材協力:中川 薫

保育士


保育士歴15年。
知的障害者支援施設を経て、現在は中学校のスタディメイトとして発達障害を持つ子どもの支援をしています。子どもがわかりやすく安心して学校生活や学習ができるようなサポートを提供。男の子と女の子の2児の母。