何をしても離乳食を食べない娘が、食べるようになるまでの話。

こんにちは、ふるえるとりです。

Twitterで育児漫画を投稿しています。現在2歳の娘を育てています。

今回は、Twitterでたくさんの方からコメントをいただいた、何をしても離乳食を食べなかった娘が、離乳食を食べるようになるまでのお話を書きたいと思います。

離乳食を食べない赤ちゃんでした

ふるえるとり 離乳食を食べない

娘は離乳食の初期の頃、10倍粥とベビーフードのペーストはよく食べる子でした。

でも生後7〜8ヶ月の、離乳食中期あたりから、急に離乳食を食べたがらなくなりました。

離乳食の本を参考にして用意した量の、半分も食べてくれれば万々歳。

ちょっと食べた!と思ったら、あとは口を開かず、食べなくなることがほとんどでした。

離乳食を食べない時の対処法は全て試した

ふるえるとり 離乳食を食べない


ふるえるとり 離乳食を食べない

母乳はたくさん飲むわりによく動き回るからなのか、もともとスリムな体型だった娘。

周りの赤ちゃんは肉付きがよくて健康そうなのに、どうしてうちの子はこんなにスリムなんだろう。

娘の発達のことが心配で仕方がなくて、

「離乳食をちゃんと食べないと、もっと痩せちゃう!!」

と、とても焦りました。

娘にとにかく離乳食を食べてもらいたくて、市や病院の栄養相談に行ったり、相談ダイヤルに電話したり、ネットで調べたり、ママ友に聞いたり…。

相談できるところにはとにかく相談してまわり、離乳食を食べてもらう対処法を調べました。

娘に離乳食を食べてもらうために、私が試したのは主に次の6つのことです。

おやつをやめる

「お腹を空かせてみて」とアドバイスをもらったので、日中のおやつや母乳を控えて、よく運動させました。

しかし効果なし。

ほとんど離乳食を食べないので、栄養を補うために結局食後に母乳を与えてしまいました。

テレビを消して、おもちゃを片付ける

よく育児書などに、「食べることに集中するために、食事のときはテレビを消しましょう」と書いてありますよね。

我が家でも試しましたが、そもそも娘はじっと椅子に座っていることが苦手。

テレビを消しておもちゃを片付けるのは、逆効果でした。むしろ、教育テレビを見せながらの方が、ご飯を食べてくれました。

笑顔で楽しい雰囲気作り

食事の時間が楽しいと思えるように、声かけと笑顔で雰囲気作りをしました。

私も一緒に食事をしてみましたが、これも効果なし…。

夫が食べさせてみる

私ではなく夫にお願いしたら食べるかも?と思い、夫が私の代わりに食べさせてみましたが、効果なし。

食べたくないときは食べない、ということに変わりはありませんでした。

食べやすい食材を使う

喉越しが良い食材と粘り気のある食材。特にオクラ、納豆、豆腐、を多く使ってみました。

これは結構食べてくれて、唯一よく食べてくれる離乳食中期のメニューが、オクラと豆腐を混ぜ込んだお粥でした。

可愛い見た目の食事作り

可愛い見た目の料理を作ったり、外食を試してみたり。食事に新鮮味を感じられるような工夫もしてみました。

可愛いピックに食材を刺すとちょっと興味を持ってくれましたが、量はほとんど食べませんでした。


とにかくできることは全部試しました。自分ができることは、なんでもやったつもりです。

でもその結果、食べない。

私は料理が苦手で、調理をすることに楽しみをあまり感じないタイプなので、食べてくれないことに、ただただ疲れていました。

「せっかく用意したのに」

「こんなに調べて頑張っているのに、全部無駄になった」

そんな、時間と手間に対する徒労感でいっぱいの毎日。

ネットで素敵な離乳食の写真を見るたびに、

娘が食べないのは、そんな風に手をかけて作っていない自分のせいなのかも

と、自分を責めることもありました。

じゃあ頑張ってみよう、と手をかけて作ってみたものの、結局食べてくれず。

どんなに時間をかけて工夫をしても、食べてくれない。自分の努力がなんだか報われない気がして、1日3回の食事が本当に憂鬱でした。

ある日突然、娘が離乳食を食べ始めた

何をしても離乳食を食べない…と悩む日々が、1歳半頃まで続きました。

ふるえるとり 離乳食を食べない


ふるえるとり 離乳食を食べない

1歳半を迎えた頃、娘が風邪を引いて熱を出し、数日間ゼリーやアイス、プリン以外はほとんど何も食べない時がありました。

その風邪がよくなった後、娘が突然モリモリと離乳食を食べ始めたのです。

病後で食べ物が美味しく感じたのか、体が餓えた状態になった反動なのか。

娘が食べてくれていることは、嬉しかったです。

でもそれよりも、

「え????なぜ?????」

という気持ちの方が強かったです。あまりにも突然すぎて、笑ってしまったくらいです。

まだ普通の量には及びませんが、なぜかこの日から、娘がご飯をよく食べる日が多くなりました。

今日も、お昼にうどんとポテトをもりもり食べてました。

そしてこの頃から、食べない時の次の食事はよく食べる、ということに気づいたので、あまり心配しなくなりました。

娘が好きなのは、うどんやラーメンなどの麺類、カレー、納豆ご飯、枝豆、パン。

確実に食べてくれるものと、チャレンジするものを出して、食べなければ諦めるようにしています。

そう、頑張りすぎることをやめました。

離乳食を食べないのは、結局個性なのかもしれない

ふるえるとり 離乳食を食べない

何をしても娘が離乳食を食べないことは、本当に辛くて苦しかったです。

でもいま思うのは、親がどんなに努力をしても、結局は子供の心身が発達して食べられるようにならないと、食べないのかなということ。

なぜなら、私はやれることはなんでもやったから。

それでも食べないのは、もはや個性・個人差だと、考えていいんじゃないかと思うのです。

悩んでいた当時の自分に対して、

「無理して食べさせなくても、食べたくなったら食べる。食べないのは自分のせいじゃない。多少食べなくたって、死にはしない!」

と、アドバイスしたいです。

とはいえ、そんな風に思えるのは、娘がご飯を食べてくれるようになった今だからです。

あの努力があったからこそ、食べられるようになったのかもしれません。

だから、娘のことを心配して、できることはなんでも試した当時の努力が、全て無駄だったとは言いません。

ただ、焦らなくてもいつか食べる日がくる。

「離乳食を食べないのは、親がどうこうできる範囲を超えた、個性なんだ」と思えていたら、もう少し気持ちは楽だったのかもしれないな、と振り返って思います。

ちなみに今の娘はとてもパワフル

とり 連載1

最近は、ご飯を催促してきたり、おかわりを催促してきたりすることも増えてきて、いまはそれがとても嬉しいです。

娘の体型は標準よりスリムですが、以前より頬にふっくらとお肉がついたように思います。

それに、ボールプールに周りがびっくりするほどの勢いで尻ダイブするくらい、とにかく元気でパワフルです。

どこからそのエネルギーが出てくるんだろう、と不思議に思うくらい元気です。

ご飯を食べるようになったと言っても、偏食少食であることに変わりはなくて、野菜は食べてくれないし、気まぐれで食べないときもあるし、まだまだ課題は山積みです。

でも、それもいつか食べるようになると信じて、見守っています。

だってそれが、娘の個性なのだから。

◆「とり、育児について考える。」記事一覧

とりさん バナー

↑漫画の連載をしています。パワフルな娘の話を描いているので、もしよければ、ぜひ。


ふるえるとり

ふるえるとり

作者


twitter(@torikaworks)で、育児漫画やイラストを投稿しています。LINEスタンプも作っています。