「寝返り5ヶ月」「はいはい8ヶ月」成長月齢の目安はそんなに重要?

日々育っていく赤ちゃんと過ごすなかで楽しみなのは、その発達を見ることですよね。最近では、「寝返り いつから」や「はいはい いつから」などとインターネットで調べれば、それらの発達が赤ちゃんに現れる時期がすぐにわかります。

しかし、自分の赤ちゃんの発達が、検索して出てきた結果よりもゆっくりめな場合、心配になってしまうママ・パパも多いのではないでしょうか?

実際「寝返り」や「はいはい」などの発達が、目安の月齢よりもゆっくりな場合、何か良くない影響はあるのでしょうか?ママたちに代わって、ninaru baby編集部が小児科の先生に聞いてきました。

【そのギモン、私が答えます】

小児科/なごみクリニック武井 智昭

武井 智昭

日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担当しています。感染症・アレルギー疾患、呼吸器疾患、予防医学などを得意とし、0歳から100歳まで「1世紀を診療する医師」として診療を行っています。

育児サイト・本の「発達の目安」はどれくらい信用するべき?

小児科医,武井智昭,なごみクリニック

ー多くの育児サイトや育児本で、「寝返りは生後5ヶ月頃」「はいはいは生後8ヶ月頃」のように発達の目安が書いてありますよね。しかし、周りの赤ちゃんを見ていると、あまり当てはまっていないような気がします。

武井先生

武井先生

そうですね。「○ヶ月頃」と書かれていても、本当にその頃にできるようになる子もいれば、そこから数ヶ月先にできるようになる子もいますから。

ーなぜそんなにばらつきが現れるのでしょうか?

武井先生

武井先生

赤ちゃんの発達は個人差が大きいんですよ。「○ヶ月頃」という発達の目安はあくまでも「目安」でしかないです。発達の内容によっては、体格によって時期が大きく左右されるものもあるんですよ。

ーそうなんですね。ちなみに「体格によって大きく時期が変わる発達」とは、どのようなものでしょうか?

武井先生

武井先生

「寝返り」などは特に赤ちゃんの体格に大きく影響されますね。寝返りは全身の運動なので、大柄な赤ちゃんに比べると、小柄な赤ちゃんの方が、寝返りが早く身に付く、ということもあります。

ー体が大きい分、動かすためのエネルギーも多く必要になるんですね。

武井先生

武井先生

そうなんです。10kgのものと1tのもの、動かすのにどちらのほうが大変かをイメージしてもらえば、わかりやすいかもしれません。

はいはいより先につかまり立ちする赤ちゃんも

離乳食 食べない 体験談 つかまり立ち オリジナル

武井先生

武井先生

発達といえば、最近、はいはいよりも先につかまり立ちをする赤ちゃんが、増加傾向にあると感じています。乳児健診で赤ちゃんの発達を見ていると、そう思いますね。

ーそうなんですか!?知らなかったです。なぜそのような赤ちゃんが増えているのでしょう?

武井先生

武井先生

はいはいするには、いわゆる体幹と呼ばれるおなかや背中の筋肉が必要です。はいはいを超えてつかまり立ちをするということは、つかまり立ちに必要な手や足の筋肉の発達が、体幹の筋肉の発達を追い越しているのかもしれません。

ー昔より現代にそのような赤ちゃんが多いのは、手を使うおもちゃが増えたり、昔より狭く、家具が多い部屋で育児を行っているからでしょうか?

武井先生

武井先生

具体的に何が原因、とはいえませんが、そのようなことも理由のひとつかもしれませんね。

はいはいしない「シャフリングベビー」

布おむつ オリジナル画像 おすわり


武井先生

武井先生

発達の順序が入れ替わる赤ちゃんのなかでも特に、はいはいをせずにお尻をつけたまま移動する赤ちゃんのことを「シャフリングベビー」と呼ぶんですよ。

ーそうなんですね。ところで、このシャフリングベビーは、その後の発達に影響があるんですか?

武井先生

武井先生

ほとんどのケースで、影響はありません。シャフリングベビーは病気や障害などではなく、発達の「バリエーション」ですから。「個性」と言ってもいいかもしれませんね。

ー個性ですか。では、いいとか悪いとかではないということですか?

武井先生

武井先生

そうですね。地域によっては、乳児健診マニュアルに「はいはいをせずに伝い歩きをする赤ちゃんも多いので、発達の遅れと判断するには慎重に」としているところもあるくらいですから(※1)。その他の発達に問題がなければ、病院に行かずに様子見でいいと思います。

ーつまり、心配しすぎる必要はない、と。

武井先生

武井先生

ええ。シャフリングベビーとそうでない子の発達の違いを例えるなら、東京から大阪まで新幹線で行くか、飛行機で行くかの違いです。ルートは違えど、ゴールは変わりません。もし自分の赤ちゃんがシャフリングベビーでも、神経質にならなくて大丈夫ですよ。

「寝返り」「はいはい」がスローペースでも、それは個性

「寝返り」や「はいはい」など、赤ちゃんがいつからできるかには、大きな個人差があります。

そのため、検索して出てきた結果や、育児本の情報、周囲の同じ月齢の赤ちゃんと比較して、もし自分の赤ちゃんの発達がゆっくり目だったとしても、それを心配しすぎることにあまり意味はありません。

たとえゆっくりペースでも、子供は育っていくものです。あまり心配しすぎず、ママ・パパが赤ちゃんの発達を見守り、できたことひとつひとつを喜んであげるようにしてくださいね。