こぐま居候中。 記事内用バナー がじゅまる

「育児」という言葉に違和感がある|こぐま居候中。#12


登場人物

こぐま居候中。登場人物 がじゅまる

こぐまさん:こころやさしいこぐま。悩めるみつこの良きパートナー。スプーンがうまく持てない。

みつこ(28):日々の家事や育児に奮闘する悩める主婦。掃除は苦手だけど、ふきんの煮沸消毒がマイブーム。

はちろう(1):おっとりのんびりマイペース男子。こぐまさんの肉球はグミでできていると思っている。

第12話

こぐま居候中。 第12話 がじゅまる こぐま居候中。 第12話 がじゅまる こぐま居候中。 第12話 がじゅまる こぐま居候中。 第12話 がじゅまる こぐま居候中。 第12話 がじゅまる こぐま居候中。 第12話 がじゅまる こぐま居候中。 第12話 がじゅまる こぐま居候中。 第12話 がじゅまる

作者のあとがき

(※編集部注:作者のお子さんは実際には5歳の女の子です)

ある日ふと、娘を見た。
5歳児である。

喃語を話していた頃の面影など全くなく、上手に日本語を話す。
それどころか、字を書いたり教えてもいない英語を知っていたりする。
外に出れば立派な足でかけまわる。
今では逆上がりもできるようになった(母はできたことすらないのに)。

5年前のあの頼りなかった赤ちゃんはどこへ行ったのだろう?

この成長ぶりはなんなのか。
不思議でならない。

この5年間私のしてきたことが、彼女のこの著しい成長に繋がっているとは到底思えない。

私のしてきたことといえば、住環境をそれなりに整え、ある程度健康に配慮した食事を作り(その多くは彼女に受け入れてもらえなかった)、病気になれば病院へ連れて行き、あとはどうでもいいような話を持ちかけてみるとか、一緒にゴロゴロするとか、そんなものだ。

だから、私は「育児」という言葉に違和感を覚える(やっと本題)。
育児をしてきた!というよりも、自ら育つ彼女を横でサポート(それもごく微力で)してきた、という感覚の方が強い。

私があれこれ手を焼かずとも、娘は自分で育った。
野原の木が人知れず大きくなるように。

手をかければかけるほど、綺麗な実をつけるかもしれない。
でも、最低限の世話だけでも枝はぐんぐん伸びていく気がする。

「育児」という言葉しか知らないから、それを使うしかない。
だけれども、育児という言葉は私にはもったいない気がするのだ。



▼「こぐま居候中。」の記事一覧

こぐま居候中。 記事内用バナー がじゅまる


がじゅまる

がじゅまる

作者

「のらりくらり」「なるようになる」「怠惰」をモットーにしたい主婦。今日も自分なりの正しさを探してはソワソワ、右往左往しながら過ごす日々です。好き嫌いせず何でも食べるところが長所です。2014年、最高にクールでシュールな娘を出産。私の日常にすっと入り込んできた不思議な彼女とのやりとりをインスタグラム(@gaju__maru)で絵日記にしています。

この記事は育児マンガアプリ「ninaruポッケ」限定記事です。

記事を読むにはアプリをダウンロードする必要があります。