赤ちゃんが泣かない理由は?専門家に教えてもらったチェック項目!

昔から、「赤ちゃんは泣くのが仕事」といわれているように、赤ちゃんは泣くのが当たり前です。だからこそ、赤ちゃんがあまり泣かないと、不安に思ってしまうママもいるでしょう。なかには、「発達が影響しているのかな…?」と疑ってしまう人もいるかもしれませんね。

そこで今回、先輩ママに対して行ったアンケート結果(※)や、専門家の声を交えながら、赤ちゃんが泣かないことと発育の問題との関係についてご紹介します。

赤ちゃんが泣くのは何かを伝えたいから

赤ちゃん 泣く 泣かない

赤ちゃんはしゃべれないため、「ミルクがほしい」といった欲求や「気持ち悪い」といった不快感を伝えるために別の手段をとります。

それが「泣く」という方法です。

つまり、泣くというのは、赤ちゃんにとって唯一のコミュニケーション手段なのです。

では、赤ちゃんが泣く原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

以下は、一般的に赤ちゃんが泣く原因だとされているものです。

  • お腹が空いている
  • ウンチやおしっこでおむつが汚れて気持ち悪い
  • 眠いのにうまく寝られない
  • 体調が悪い
  • ママやパパのイライラが伝わって不安
  • 暑い・寒い
  • 体が痛い・かゆい
  • 体の姿勢が安定していない

赤ちゃんが泣かないのはよくあること?

赤ちゃん 泣かない グラフ

赤ちゃんにとって泣くのは当たり前のことですが、一方で、なかにはあまり泣かない子もいます。

そこで100人以上の先輩ママに、「あなたの赤ちゃんは泣かない方だと思いますか?」と質問してみました(※)。

すると、約30%の人が「よくそう思う」、約40%の人が「たまにそう思う」と答えました。

つまり、多くのママが少なくとも一度は「うちの子、あまり泣かないな」と思ったことがあるということです。

「赤ちゃん、泣かないな…」と思う瞬間!

考え事 記憶を探る

では、先輩ママたちは、どんなときに赤ちゃんが泣かないなと感じるのでしょうか?

アンケートに寄せられたママたちの声をご紹介します。

痛くても泣かないとき

Jasmimさん

Jasmimさん

大きな音をたてて頭を打ったり、こけたりしても、ケロっとしているときですね。

ママと離れても泣かないとき

なみそさん

なみそさん

私がその場から離れたり、初対面の人に抱っこされたりしても泣かないときは、「泣かない子だな」と感じますね。

ウンチをしても泣かないとき

めぐさん

めぐさん

ウンチをしておむつが汚れているのに、全然泣かないのですぐに気づかなかったときです。

お腹が空いても泣かないとき

がちこさん

がちこさん

お腹が空いているはずの時間になっても泣かないときは、「泣かないなぁ…」と思います。

赤ちゃんが泣かないのは問題があるから?

クエスチョンマーク ? 疑問

赤ちゃんが泣くのは当たり前のことだとされているからこそ、自分の子供があまり泣かないと不安になってしまうママもいるかもしれませんね。

そこで、専門家に話をうかがうことにしました。

今回疑問にお答えいただいたのは、幼児から成人まで幅広い年代の心の問題と向き合っている、臨床心理士の佐藤文昭先生です。

−赤ちゃんのなかには、あまり泣かない子もいるようですが、どんな理由が考えられますか?また、ママのなかには発達を気にする声もあるようですが…。

佐藤先生

佐藤先生

あまり泣かない赤ちゃんのなかには、愛着障害や発達障害を持っている子がいることもあります。

ただし、性格が穏やかで、感情の起伏があまりない赤ちゃんも多いので、安易に発育の問題と結びつけることはできません。

赤ちゃんが泣かないからといって、心配しすぎる必要はないようですね。

赤ちゃんが泣かないときのチェック項目

赤ちゃんが泣かないからといって、心配しすぎる必要はないことがわかりました。しかし、気になってしまうママもいると思います。

そこで、佐藤先生に赤ちゃんが泣かないときに、どんな点をチェックすると良いのか、項目を聞いてみました。

−赤ちゃんが泣かないときに、気にしておくと良いチェック項目などがあれば教えてください。

赤ちゃん 泣かない チェックリスト
佐藤先生

佐藤先生

チェック項目は、視線を合わせないか、抱っこを嫌がるか、あやしても笑わないか、一人で寝かされていても平気か、親の後追いをしないか、空腹や不快感があっても泣かないか、などですね(上記参照)。

−チェック項目に当てはまったらどうしたらいいでしょうか?

佐藤先生

佐藤先生

このチェック項目に当てはまっても、発育に問題がないことも多いので、あくまで参考程度に考えてください。

どうしても心配であれば、専門家に一度診てもらうと安心できると思います。

赤ちゃんが泣かなくても心配しすぎないで

哺乳瓶 消毒 スプレー ワンポイント

今回のアンケートや佐藤先生への取材の結果、赤ちゃんがあまり泣かなくても心配しすぎることはないということがわかりました。

前述のチェック項目に該当したとしても、発達の問題には直結しないということも朗報ですね。

赤ちゃんが泣かなかったとしても、発育に問題がない確率の方が高いといえそうです。

初めての育児だと不安になるかもしれませんが、心配しすぎず、赤ちゃんの個性だと思って接してあげましょうね。

※ アンケート概要
実施期間:2018年12月10日
調査対象:アプリ「ninarubaby」を利用中のママ
有効回答数:116件
収集方法:Webアンケート


取材協力:佐藤文昭

取材協力:佐藤文昭

臨床心理士


おやこ心理相談室 室長。カリフォルニア臨床心理大学院臨床心理学研究科 臨床心理学専攻修士課程修了。米国臨床心理学修士(M.A in Clinical Psychology)。精神科病院・心療内科クリニックの医療現場や群馬県スクールカウンセラーの教育現場での臨床経験を生かし、幼児・児童、思春期から成人に至るまで幅広い問題を扱っています。精神分析的心理療法を中心として、心理検査、知能検査なども実施。また、個人だけではなく、家族というより広い視野を持って取り組んでいます。