赤ちゃんの泣き方の違いで、理由がわかる?小児科医に聞いた

まだ話せない赤ちゃんの意思表示はもっぱら「泣くこと」。そんな赤ちゃんの泣き方の違いで、病気なのか、おむつを替えてほしいのか、機嫌が悪いだけなのかなど、泣いている理由がわかったら、安心ですよね。

そこで今回は、赤ちゃんの泣き方の違いで、赤ちゃんが泣いている理由がわかるのか、もしわかるなら、どういう泣き方のときに気を付けたほうがいいのかなどを、ninaru baby編集部が小児科医の先生に聞いてみました。

【そのギモン、私が答えます】

小児科/なごみクリニック武井 智昭

武井 智昭

日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担当しています。感染症・アレルギー疾患、呼吸器疾患、予防医学などを得意とし、0歳から100歳まで「1世紀を診療する医師」として診療を行っています。

赤ちゃんの泣き方で泣いている理由がわかる?

赤ちゃん,泣く

ー赤ちゃんの泣き方の違いで「お腹が痛い」や「おむつを替えてほしい」、「楽しくない」など、泣いている理由を特定することはできるのでしょうか?

武井先生

武井先生

うーん…。赤ちゃんの泣き方の違いだけで、確実に「これだ」と原因を特定するのは、かなり難しいと思いますね。

ーでは、注意したほうがいい泣き方というものはあるのでしょうか?

武井先生

武井先生

注意したほうがいいのは、赤ちゃんが悲鳴に近いような、声が甲高い泣き方をする場合ですね。

ーこの泣き方のときは、なんで注意したほうがいいのでしょうか?

武井先生

武井先生

悲鳴に近いような泣き方をする場合、赤ちゃんは相当な痛みや不快感を感じているはずなんです。そのため、体のどこかが痛かったり、吐きそうだったりなど、体の不調を伝えようとしてくれている可能性があります。

赤ちゃんの泣き方が甲高い声のとき、他に見るべきところは?

武井智昭,小児科医

ー赤ちゃんの泣き方が悲鳴に近いような甲高い声の場合、声以外にチェックするべきところはありますか?

武井先生

武井先生

泣き方や声以外に、赤ちゃんの体に何か症状が出ていないかを確認しましょう。

ー例えば、どのようなことが考えられるでしょうか?

武井先生

武井先生

赤ちゃんの顔色が悪かったり、吐いたりする場合は、お腹の病気の可能性があります。また、赤ちゃんがしきりに耳をいじったり、気にする様子があれば、中耳炎の可能性もあります。中耳炎は大人でも痛いので、赤ちゃんの場合、相当な泣き声になることが多いですよ。

ー赤ちゃんの泣き方は、痛みが強ければ強いほど、派手になるんですか?

武井先生

武井先生

そうですね。赤ちゃんの泣き方は痛みに比例すると考えてもいいでしょう。そのため、「いつもと違う泣き方だな」と感じた時点で、赤ちゃんの体に異常がないか、確認することをおすすめします。

赤ちゃんの泣き方がいつもと違うときは、体をくまなく調べよう

赤ちゃんの泣き方だけで、「これが原因で泣いている」と、その理由を特定することは難しいようです。

しかし、赤ちゃんの泣き方は痛みや苦しさに比例することが多いため、体調が悪いときには、いつもと違う泣き方になることが多いということがわかりました。

もし赤ちゃんの泣き方がいつもと違う場合には、まず、体に異常がないか、確かめてみましょう。そして、顔色が悪かったり、湿疹があったり、耳をよく触っているなどの様子が見られたときには、病院を受診することをおすすめします。