家族キャンプ沼へようこそ!

家族キャンプは「不自由」が楽しい|家族キャンプ沼へようこそ!#2

毎週末キャンプ場へでかけていたほど、家族キャンプが大好きなちいさんによる新連載がスタート!家族でキャンプに行ってみたいけど、実際楽しいの?なにを準備したらいい?

そんなキャンプ初心者の方に向けて、家族キャンプの魅力をたくさんお伝えしていきます。

↓前回はこちら

キャンプは大変、のイメージを捨てよ|家族キャンプ沼へようこそ!#1

キャンプは大変、のイメージを捨てよ|家族キャンプ沼へようこそ!#1

前回は、「キャンプってこういもの!」というイメージをまず捨ててみようというお話をお届けしました。今回は、家族キャンプの楽しさについて紹介してもらいます。

登場人物

家族キャンプ沼へようこそ! 登場人物

ちい:元パティシエのズボラ在宅ワーカー。とにかく家族で遊ぶことが好き。趣味は夫と息子と言っても過言ではない。

マーボ(夫):家族大好き在宅ワーカー。強面だが心の中は息子にメロメロ。趣味のDIYを駆使して、節約キャンプをするのが得意。

ジョジョ(息子):好奇心旺盛、体力オバケ。かっこいい棒を見つけたら拾わずにはいられない。最近は恐竜と昆虫に夢中。

第2話

家族キャンプ沼へようこそ! 連載2


家族キャンプ沼へようこそ! 連載2


家族キャンプ沼へようこそ! 連載2


家族キャンプ沼へようこそ! 連載2


家族キャンプ沼へようこそ! 連載2


家族キャンプ沼へようこそ! 連載2

あとがき

キャンプを始めたキッカケって何だろう…と考えてみました。

思い返すと、何年か前の夏、バーベキューがしたくて近くのキャンプ場でお昼にデイキャンプをしました。

その時「最高!また絶対やりたい!」という気持ちと「日帰りだからビール飲めんやん…」という気持ちから「今度は絶対泊りでキャンプする!」と夫婦で心に誓ったのです。

キャンプを始めたのは、こんな浅はかな理由からです。

その後、家族キャンプの沼にハマっていった理由は

①時間の縛りがなくゆったりできる
泊りなので、「何時までに片付けないと…」など考えなくていいんです。

②お手軽に自分たちだけのテリトリーができる
テントをたててしまえば、そこはもう自分たちだけのテリトリー。秘密基地みたいで、子供は大喜びです。

③自然の中での『夜』は特別なもの
食べる、寝る、全ての事が特別な体験になります。

④キャンプで経験する『不自由』が楽しい
今回漫画にしたような、「アレを忘れた!」「コレはどうしよう!」という事態が必ず発生します。それをどう解決するか……と考えて実行するのが楽しいです。(実際、災害時に役立つようなことが多い)

キャンプを始めて、親も子供も『生きる力レベル』が少しだけUPしている気がします。

次回予告

こうして家族キャンプ沼へハマったちいさん。次回は、キャンプ初心者が侮りがちな「灯り」問題について教えてもらいます。

次回は2020年10月7日(水)公開予定です。

お楽しみに!


ちい

ちい

作者

同じ歳の旦那と息子と3人暮らし。 元々はパティシエで、福岡にお菓子屋の工房を構えていたが現在は休業中。今はブログを書いたり、イラストを描いたり、YouTubeをしたり…自分の職業は何なのか迷走中。趣味は食べる事とお酒と家族遊びで、数年前から家族キャンプにハマる。息子が一緒に遊んでくれるうちに、1つでも多くの思い出を残したい。 (Instagram→@chii_manga