《インスタグラマー直伝》赤ちゃんの写真をワンラックアップ!講座

赤ちゃんが生まれると、「どうしたらもっと可愛く写真が撮れるのかな…」と、写真に興味を持ち始めるママも多いと思います。

今回は、赤ちゃんをもっともっとかわいく撮影するポイントをご紹介します!

赤ちゃんの写真を撮って成長記録を残すのって、難しくありませんか?

赤ちゃん 写真

とにかく可愛い赤ちゃんの姿は、思わず写真におさめたくなりますが、赤ちゃんの写真を撮るのは、意外と難しいもの。

「もっと上手に撮りたいなあ。」と思っているママは多いのではないでしょうか。

また、せっかく写真をたくさん撮っても「どうやって写真を保存したらいいのかな。」と悩んでいるママもいると思います。

そこで今回は、人気インスタグラマーnicoddon11さんに、次の3つについて教えてもらいました。

  • 写真をワンランクアップさせる撮影ポイント
  • 逃したくないシャッターチャンス
  • 成長記録の残し方

ぜひ、今日から試してみてくださいね。

赤ちゃんの写真の撮り方を解説してくれる
インスタグラマーはこの方!

要出典 赤ちゃん 写真

画像提供:nicoddon11さん

プロフィール

Instagram(@nicoddon11に、4人の子供たちとの何気ない日常の一コマを切り取った写真を投稿。もともと写真が好きで、次男が生まれたことを機に本格的に趣味として写真を楽しんでいる。 

nicoddon11さん

nicoddon11さん

生活しているなかで、ご飯を食べているときや子供たちが面白いことをしているとき、「忘れたくないな」と思った瞬間などに写真を撮っています。

赤ちゃんの写真をワンランクアップさせる撮影ポイント

nicoddon11さんは普段、一眼レフとミラーレスカメラを使用しているそうですが、今回は赤ちゃんをスマホで撮るときに、写真をワンラックアップさせるポイントを教えてもらいました!

ポイント①
感情が入り込むくらいの余白を入れる

<Before>
赤ちゃん 写真

赤ちゃんの写真は、どうしてもアップで撮りたくなりますよね。

子供の表情がはっきり見えるのは可愛いのですが、もう少し遠くから撮影して余白を入れてみてください!

<After>
赤ちゃん 写真

赤ちゃんの全身を入れて、背景も入れることで、子供がどこで何をしているか分かる写真に。

この写真からは「おっとっと」という子供の声が聞こえてきそうですよね。このように余白があることで、子供の気持ちや、子供らしい仕草を写真におさめることができますよ。

寝顔を撮影するときは、顔の周りや頭の上の方に余白を開けて撮るだけで、「すやすや」「きもちい〜」という声が聞こえてきそうな、ぐっと気持ちが入り込む写真が撮れますよ。

ポイント②
背景に余計なものを写さない

<Before>
赤ちゃん 写真

赤ちゃんの写真を急いで撮ると、後ろに余計なものが写ってしまうこともあります。

ですが、なるべく背景に余計な人や物が写らないように、ちょっとだけ意識してみてください!

<After>
赤ちゃん 写真

背景に他の情報が入らないことで、本当に見せたいものに目がいくように。

背景に看板や電柱、人などが入らないようにするだけで、ただの道路で撮った写真もグッとおしゃれになりますよ。

生活感が出てしまう室内の場合も、写真に写る場所だけでもいいので、ものを端っこに寄せてしまいましょう。

ただし、「今撮りたい!」と思う瞬間であれば、散らかっていても写真を撮ることが大切です。

ポイント③
子供目線で撮ってみる

<Before>
赤ちゃん 写真

この写真のように、ママや大人の目線で子供の写真を撮ることが多いのではないでしょうか。

ママから見る子供の姿は今しか残せないので、これはこれで可愛さがあるのですが、ぜひ子供の目線でも写真を撮ってみてください!

<After>
赤ちゃん 写真

しゃがんで子供目線で撮ってみると、写真にグッと迫力が出ます。「子供が見る景色は、こんな感じなんだ!」と新しい発見もあると思います。

赤ちゃんがハイハイ、おすわりしているところを撮影するときは、ママは寝転んで撮ってみてくださいね。

ご飯を食べている姿や遊んでいる姿も、子供目線で正面から撮ってみると、いつもと印象の違う写真になりますよ。

ポイント④
寝ている姿は真上から撮ってみる

<Before>
赤ちゃん 写真

赤ちゃんが寝ている姿は、この写真のように横から顔をアップで撮るママは多いと思います。

寝顔のアップも可愛いのですが、寝ている姿を真上から撮ってみてください!

<After>
赤ちゃん 写真

赤ちゃんの寝ている姿を真上から撮ってみると、なんだか写真の印象が変わりませんか?

赤ちゃんは寝相も可愛いので、真上から体全体の写真を撮ってみてくださいね。

このときも、アップにしすぎずちょっと余白を入れてみると、「すやすや〜」という声が聞こえてきそうな写真になりますよ。

ポイント⑤
ママやパパの手足を入れる

<Before>
赤ちゃん 写真

赤ちゃんの写真で残しておきたいのが、この時期にしかない小さな手や足。

もちろん単体でも、その小ささは伝わるのですが、ここにママの手やパパの足を入れてみてください!

<After>
赤ちゃん 写真

ママやパパの手、足と一緒に写真を撮ることで、赤ちゃんの手足の小ささがより伝わりやすくなります。

きょうだいがいる場合は、お兄ちゃん・お姉ちゃんと一緒に撮影するのもいいですね。

この写真を撮るときに伝えたいのは、赤ちゃんの手足の小ささなので、背景に余分なものが写らないように、アップで撮影してみてくださいね。

逃すな!赤ちゃんの写真はここがシャッターチャンス!

何気ない日常の一コマを切り取るnicoddon11さん。「ここを逃さないで!」というシャッターチャンスを教えてもらいました。

ころころ変わる子供の表情はどれも素敵

要出典 赤ちゃん 写真

画像提供:nicoddon11さん

赤ちゃんに表情が出てくると笑顔ばかり撮りがちですが、変な顔や、こんな表情するの?という顔も素敵な思い出になります。

ころころ変わる子供の色々な表情を写真に撮ってくださいね。

赤ちゃんが今しからやらないことを残そう

要出典 赤ちゃん 写真

画像提供:nicoddon11さん

子供らしい遊びをしているときこそが、狙い目。部屋が散らかっていたって、いたずらしたって、構わないのです。

たとえば、豪快に食べこぼしている瞬間や、食べながら寝てしまっているところも絶好のシャッターチャンス。子供が小さな時にしか見られない貴重な写真を、ぜひ撮ってくださいね。

赤ちゃんの写真はどうやって保存する?

写真をたくさん撮るnicoddon11さんは、撮った写真をどのように保存しているのでしょうか?

アプリを活用する

要出典 赤ちゃん 写真

画像提供:nicoddon11さん

nicoddon11さんは「ALBUS」というアプリを使っているそう。

ALBUSを使えば、毎月5枚まで無料でスマホから写真をプリントアウトすることができますよ。

面倒くさがりの私も、2年ほど毎月続けています。アルバムを見返してみると、思い出を形として残すことが、より一段大切だなと感じられます。

節目ごとにフォトブックを作成する

要出典 赤ちゃん 写真

画像提供:nicoddon11さん

4人の子供たちの写真を撮るnicoddon11さん。

撮った写真を全てプリントすることは難しいため、上の写真のようなフォトブックを節目ごとに作っているそうです。

子供が4人いるので、毎年フォトブックを作成するのはなかなか難しいのが現状。1人1冊ずつ、1歳までの成長や七五三などの節目のときに撮った写真は、フォトブックを作ってあげています。

赤ちゃんの写真と一緒にたくさん思い出の残そう!

要出典 赤ちゃん 写真

画像提供:nicoddon11さん

赤ちゃんと過ごす時間は、かけがえのないもの。赤ちゃんはあっという間に成長していきます。

今この瞬間にしかみられない姿や、赤ちゃんとの楽しい思い出を、たくさん写真に撮って残してくださいね。


石川 瑛子

石川 瑛子

いしかわ ようこ

「こそだてハック」「ninaru baby」編集者1年目。大学時代はノルウェーに留学し、北欧の教育や子育て政策、ジェンダーについて研究していました。趣味は写真を撮ること。旅行先には欠かさず一眼レフを持っていきます。
https://eversense.co.jp/member/ishikawa-yoko