ポグネーのヒップシートキャリアがおすすめな理由は?4ラインナップを紹介

抱っこ紐の新たなジャンルとして注目を浴びているヒップシートキャリア。最近はいろいろな抱っこ紐メーカーから発売されていて、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そんななか、編集部では「ポグネーのヒップシートキャリアがすごい」という情報をキャッチ!

そこでさっそく、ポグネーのヒップシートキャリアの商品ラインナップや特徴を調べてみました。代理店の株式会社T&Gインターナショナルさんと、先輩ママの声を交えながらご紹介します。

ヒップシートキャリアとは?

ヒップシートキャリア ポグネー

「ヒップシートキャリア」とは、腰ベルトに赤ちゃんを座らせるヒップシート(台座)が付いている抱っこ紐のことです。この台座に赤ちゃんを座らせるようにして抱っこします。

赤ちゃんの体重をヒップシートで受け止めるので、ママ・パパの肩への負担が通常の抱っこ紐よりも軽くなるため、人気を博しています。

ポグネーのヒップシートキャリアの特徴は?

ポグネーは2005年に韓国で誕生した、抱っこ紐専門ブランドです。同社のヒップシートキャリアにはどのような特徴があるのでしょうか。

代理店である株式会社T&Gインターナショナルのポグネー事業部部長・辻智美さんにお話をうかがいました。

ポグネーのヒップシートキャリアには、どのような特徴があるのでしょうか?

編集部・小野

編集部・小野

辻さん

辻さん

特徴は3つあります。
1つめは、腰と体の中心でしっかりと赤ちゃんの体重を支えられるので、重さが分散され、驚くほど腰と肩への負担が減るということです。

抱っこのしすぎで腰痛や肩こりに悩まされるママやパパは多いので、その特徴は嬉しいですね。

編集部・小野

編集部・小野

辻さん

辻さん

2つめは、赤ちゃんの背中がC字カーブ、足の開きがM字になり、理想的な姿勢をキープできることです。

赤ちゃんの成長に悪影響がないということですね。

編集部・小野

編集部・小野

辻さん

辻さん

3つめが、太い腰ベルトが腰をしっかりサポートするので、ママとパパも正しい姿勢を保つことができるということです。

赤ちゃんだけでなく、使う人への配慮もされているんですね。

編集部・小野

編集部・小野

ポグネーのヒップシートキャリアのラインナップは?

ポグネー ヒップシートキャリア

ポグネーのヒップシートキャリアには、「ORGA(オルガ)」「NO5(ナンバーファイブ)」という2つのシリーズがあります。

さらに、それぞれに+シリーズが展開されています。

この4つはどう違うのでしょうか?対象月齢、使用スタイル数、税込価格をまとめてみました。

商品名 対象月齢 使用スタイル 税込
価格
ORGA 生後4〜
36ヶ月
7通り 19,980円
ORGA+ 生後4〜
36ヶ月
10通り 27,540円
NO5 neo 生後4〜
36ヶ月
7通り 24,300円
NO5+ 生後4〜
36ヶ月
10通り 28,620円

ORGAシリーズとNO5シリーズの大きな違いは、使われている生地にあるようです。

肌が敏感な赤ちゃんやママ・パパのために、オーガニックコットン生地で作られているのがORGAシリーズのヒップシートキャリアです。

一方、NO5シリーズのヒップシートキャリアにはスポーツウェアなどに使われる生地が使用されていて、軽量で汚れや摩擦に強く、傷が目立ちにくいといった特徴があります。

ポグネーのラインナップを個別に紹介!

それでは、ポグネーの各ヒップシートキャリアの特徴を一つずつご紹介します。

ORGA(オルガ)

ポグネー ヒップシートキャリア オルガ
出典: www.pognae.jp

ポグネーのヒップシートキャリアの中で、最安値のモデルです。そのため、後述する「サイレントファスナー」など、他の商品に備わっている腰ベルトの機能がなく、いちばんベーシックでシンプルなヒップシートキャリアとなります。

しかし、ORGAシリーズの特徴でもあるオーガニックコットン生地はしっかり使われていて、敏感肌の赤ちゃんでも安心ですよ。

口コミ

抱っこ紐との密着感が程よく、カバーのクッション感や触り心地もgoodです!

ORGA+(オルガプラス)

ポグネー ヒップシートキャリア オルガ+
出典: www.pognae.jp

ORGAシリーズの上位モデルで、抱っこ紐ベルトが付属しています。これにより、ヒップシートキャリアから通常の抱っこ紐へと気分や用途に合わせて変更することが可能です。

ORGAよりも本体重量が重いですが、ORGAにはないサイレントファスナーなどの機能がついています。

口コミ

サイレントファスナーが決め手でオルガプラスを選びました!試してみて感動。これは便利です!

NO5 neo(ナンバーファイブネオ)

ポグネー ヒップシートキャリア ナンバーファイブネオ
出典: www.pognae.jp

NO5シリーズのスタンダードなモデルです。しかし、サイレントファスナーなどは備わっており、機能面でNO5+との違いはそれほどありません。また、本体重量はポグネーのヒップシートキャリアの中で最軽量です。

口コミ

肩紐付きでも使ってみましたが、赤ちゃんを抱っこしていても、とても軽く感じます!赤ちゃんが窮屈そうな感じもないのがお気に入りです。

NO5+(ナンバーファイブプラス)

ポグネー ヒップシートキャリア ナンバーファイブプラス
出典: www.pognae.jp

NO5シリーズの上位モデルです。NO5 neoとの違いは、抱っこ紐ベルトが付属している点です。

そのため、ORGA+と同じように、腰ベルトを交換することで、通常の抱っこ紐とヒップシートキャリアを使い分けることができます。しかし、ORGA+ほど重くはありません。

口コミ

自然と背筋が伸びて、腰への負担が最小限に抑えられているように感じます。サイレントファスナーがついているので、着脱音で赤ちゃんを起こすことなく外せるのが良いですね。


ポグネーのヒップシートキャリアを選ぶときは、まずは赤ちゃんが敏感肌なのかどうかを考えるといいかもしれませんね。敏感肌であればORGAシリーズが候補になると思います。

シリーズが決まったら、あとは使用用途に合わせて上位モデルにするか、それともスタンダードモデルにするかを選ぶといいでしょう。

次からは、ポグネーのヒップシートキャリアのすごいところを、先輩ママの声などを元にご紹介します。

ポグネーのヒップシートキャリアはサイレントファスナーがすごい!

先輩ママの声で目につくのは、「サイレントファスナー」という機能についてです。

先輩ママの声

サイレントファスナーは神発想で毎回感動しています!!

豆ママさん

神とか感動とか、ただごとではありませんね。どのような機能なのでしょうか。今回、NO5 neoとNO5+を入手したので、実物で確認してみます。

寝かしつけを一からやり直す必要がなくなる!

ポグネー ヒップシートキャリア

ポグネーのヒップシートキャリアは上の写真のように、腰ベルトの一部がファスナーになっています。これがサイレントファスナーです。

せっかく赤ちゃんを寝かしつけたのに、腰ベルトの面ファスナーを剥がす「バリバリ!」「ベリベリ!」という音で赤ちゃんが起きてしまったというママは多いのではないでしょうか?

しかし、サイレントファスナーがあれば、わざわざ面ファスナーを剥がさなくても簡単かつ静かに腰ベルトを外せます。そのため、抱っこ紐から離す際に赤ちゃんが起きてしまい、寝かしつけを一からやり直す…というリスクが、多少なりとも軽減されるはずです。

背中スイッチが発動しない!

実際、以下のような先輩ママの声がありました。

先輩ママの声

サイレントファスナーはさすがですね。面ファスナーのベリベリ音でびっくりして赤ちゃんが起きたり、外出先でも大きな音が恥ずかしかったりすることも。嬉しい機能です。

uraraさん

先輩ママの声

布団に静かに降ろせるので、背中スイッチも発動しません。日中は抱っこでしか寝なかった娘が、布団でも寝られるようになりました。[/peronal_review]

「背中スイッチ」というのは、赤ちゃんの背中の敏感さを表す言葉です。寝ている赤ちゃんを布団やベッドに下ろすと、まるで背中にセンサーがあるかのように目を覚ますことから、そう呼ばれています。

[spacer]

ポグネーのヒップシートキャリアは腰ベルトのポケットが便利!

腰ベルトのポケットも、ポグネーユーザーの評判がいいポイントです。

[personal_review title="先輩ママの声" reviewer="やまま さん"]腰のポーチに小物を入れられるので、ポケットのない服装でも、スマホなどを入れられとても便利です。

ゆったんさん


先輩ママの声

個人的には、サイドポケットに6インチのスマホがぴったり入ったのが感動しました。フードやベビーベルトをさっとしまうのにも使っています。

とも さん

スマホ、ポーチを入れてもまだまだ入る!

ポグネー ヒップシートキャリア

試しに、手元のポグネーNO5+のポケットにスマホやポーチを入れてみました。大容量なので、他にもまだまだ入ります。しかも、ファスナー式なので、中身が落ちる心配はなさそうです。

近場の散歩や買い物程度であれば、手ぶらで出かけられますね。今まで荷物で悩まされてきた人にとってはうれしい機能だと思います。

ポグネーのヒップシートキャリアは赤ちゃんがずり落ちない!

ポグネー ヒップシートキャリア

入手したNO5 neoとNO5+をいろいろ調べていると、ヒップシートの座面のある特徴に気がつきました。

実は私は、他社のヒップシートキャリアを使っているのですが、ヒップシート単体で使っていると、たまに娘がヒップシートからずり落ちてしまうことがあって困っていました。そのため、ヒップシートにもっと強力な滑り止め機能が欲しいと思っていたのです。

ポグネーNO5シリーズは、どうやらそこがしっかりとケアされているようで、羨ましいです。というのも、ヒップシートの座面全体に強力な滑り止め機能が備わっているからです。文字では伝えられないのがもどかしいのですが、実際に触ってみると、かなり強力な滑り止めです。

これならヒップシート単体で赤ちゃんを抱っこしていても、シートからずり落ちてしまうことは少ないと思います。それはポグネーユーザーである先輩ママの声からもわかります。

先輩ママの声

ヒップシートのみでも、座面に滑り止めがついていて安定感があります。横抱きも安定するので使いやすいです。

さきさん


先輩ママの声

ヒップシートに滑り止めが全面についているのが魅力でした。本当に滑らない…!ちょっと座らせる位置がずれても、安心感があります。

ともさん

ポグネーのヒップシートキャリアが合わない人もいる

ポグネー ヒップシートキャリア

ここまでポグネーのヒップシートキャリアのいいところばかり書いてきましたが、全員にピッタリだというわけではありません。先輩ママの声を調べていると、「合わなかった…」という声もあります。

先輩ママの声

今までの抱っこ紐は、肩がものすごく痛いのが悩みでした。それはポグネーで軽減されて良かったのですが、今度は腰に負担があるのか腰が痛くなってしまいました…。

こんちゃんさん

先輩ママの声

私の場合は腰のベルトが横腹に食い込むので、座ってると痛くなってきます。

あやのさん

私たちは一人ひとり、体格が異なります。赤ちゃんの成長にも個人差があります。加えて、抱っこ紐を選ぶときのポイントやライフスタイルも様々です。そのため、万人にとって完璧な抱っこ紐というのは存在しないのかもしれません。

ポグネーのヒップシートキャリアに限らず、「抱っこ紐とはこういうものだ」と考えておいた方がよいでしょう。

また、ここでご紹介した先輩ママの声は、あくまで個人の意見です。抱っこ紐やヒップシートキャリアを選ぶ際は、できるだけ多くの情報を集めたり、試着をしたりして、納得したうえで購入することをおすすめします。

ポグネーのヒップシートキャリアのすごいところは3つ!

ポグネー ヒップシートキャリア

さて、ポグネーのヒップシーキャリアのすごいところをわかっていただけたでしょうか?

簡単にまとめると、以下の3点がすごいということがわかりました。

  • 赤ちゃんの寝かしつけをラクにするサイレントファスナー
  • 大容量で便利な腰ベルトのポケット
  • 強力な滑り止め機能が備わったヒップシート

ヒップシートキャリアの抱っこ紐を購入するときに、参考にしてもらえるとうれしいです!

取材協力

株式会社T&Gインターナショナル


小野 佑仁

小野 佑仁

おのゆうじん

ビジネス書・自己啓発書の編集を経て、2017年末から「こそだてハック」「ninaru baby」の編集に携わる。大学院でヒトの遺伝子について研究していたため理系と思われがちだが、自分では文系だと思っている。1児の父として、家庭では主に料理と掃除を担当。なぜか社内では「ポテトさん」と呼ばれています。
https://eversense.co.jp/member/ono-yujin

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。