外科女医ミューのよもやま日記

ぬくもりのはなし|外科女医ミューのよもやま日記#5


この連載は、新人外科女医のミューさんが、出産・育児に感じた様々なことを書きつづった日記。
第五回は、ぬくもりのはなし。大切な人に触れることの幸せを感じたミューさん。同時に、ぬくもりを感じることができなかった子供たちの寂しさを想像し、涙したようです。

伸ばした手の先に、ぬくもりがありますように

ミュー日記


ミュー日記


ミュー日記


ミュー日記


ミュー日記


ミュー日記


睡眠不足な夜がずーっと続いていて、あー…しんどい。って思うことも多いです。

そんなとき、肌寒い時期になって布団をかぶって触れた子供の手足がものすごくあたたかいことに気づきました。

カイロかと思うくらいあつーくて、その暖かさだけで気持ちがほんわかして泣きそうになりました。

夫は毎日この暖かさを知らずに寝ているんだなと思うと、こうして1人で寝不足を重ねている毎日も尊いもののように感じられて、夜が少し好きになりました。

(我が家では働く夫のため、寝室別で子供と私が一緒に寝ています。)

その日から私は毎日子供の手足にどこか触れて、幸せーと思いながら寝ています。

寝付きによくぐずる子供も、私がどこか触れていることで少しだけ眠りが良くなった気がします。触れることって大切なんだなと実感したエピソードでした。

そのときもうひとつ、ニュースで見た虐待された子供たちのことも頭をよぎりました。

手を伸ばして抱き上げてもらう大切さ、眠りにつくときにそばにある温もりがどれだけ温かいかを実感したとき、きっとあの子たちにはこれがないっていうことなのかなと想像しました。

それがどれだけ寂しいことか。

想像してまた少し泣きました。

どんな環境にいる子供も、どうにか、両親でなくても、温もりを伝えてくれる人がそばにいてくれますように。そう願わずにはいられない夜でした。


▼漫画の感想やミューさんへのコメントはこちら

ミューさんにコメントする


◆「外科女医ミューのよもやま日記」の記事一覧

働く女性が妊娠するということ(その1)|外科女医ミューのよもやま日記#1

働く女性が妊娠するということ(その1)|外科女医ミューのよもやま日記#1


働く女性が妊娠するということ(その2)|外科女医ミューのよもやま日記#2

働く女性が妊娠するということ(その2)|外科女医ミューのよもやま日記#2


愛を注ぐということ|外科女医ミューのよもやま日記#3

愛を注ぐということ|外科女医ミューのよもやま日記#3


子供の名前をつけるということ|外科女医ミューのよもやま日記#4

子供の名前をつけるということ|外科女医ミューのよもやま日記#4


子供の世界のはなし|外科女医ミューのよもやま日記#6

子供の世界のはなし|外科女医ミューのよもやま日記#6


あなたの瞳の中の世界|外科女医ミューのよもやま日記#7

あなたの瞳の中の世界|外科女医ミューのよもやま日記#7


幸せの満月のはなし|外科女医ミューのよもやま日記#8

幸せの満月のはなし|外科女医ミューのよもやま日記#8


ミュー

ミュー

作者

30代消化器外科医。息子を出産し1年間育休中。高齢者が好きで外科医になりましたが、出産後子供が愛しくなりました。うんちのことは専門だけど、子供のことはわからない。毎日手探りで育児をしています。漫画を描くのも大好きなので、仕事のことや育児のことをブログやツイッター(@myumyumoon)で描きます。