離乳食はストック作りが命!後期〜完了期の1週間やりくり講座★前編

家事や育児で忙しい中、離乳食を毎回イチから作るのはたいへんですよね。離乳食後期〜完了期は食べる量も増えてくる頃なので、なおさらだと思います。

「そんなときおすすめしたいのが、離乳食のストック作りです」

そう語るのは、毎日アップする料理や離乳食の写真が大人気の料理インスタグラマー・Minaさん。

そこで、Minaさんに離乳食のストック作りについて教えていただきました。

前編となる今回は、離乳食のストック作りで役立つアイテムや食材、そして離乳食のストック作りの手順についてです。

離乳食のストック作りをしてみませんか?

ママ 後ろ姿

初めまして。インスタグラムに、料理や離乳食の写真を投稿しているMinaと申します。

夫の仕事の都合で2017年1月にイギリスのリバプールに移住しました。その後、息子を出産し、現在はイギリスで専業主婦をしています。

離乳食の献立を考えるのってたいへんですよね。

栄養バランスを保ちつつも、食べやすくて、美味しくて、しかも見た目も興味を引くものでないと赤ちゃんは食べてくれなかったりするので。

そこで私は、息子が生後7ヶ月頃(離乳食中期)から、離乳食のストックを一度にたくさん作って、それをやりくりして1週間の献立を考えるようなやり方にしています。

息子は現在、離乳食完了期ですが、この方法のおかげで献立作りがだいぶ楽になりました。

離乳食はストック作りが命!

離乳食 ストック ジップロック Mina

「忙しくて離乳食をイチから作ってられない!」という人ほど、離乳食のストック作りをした方がいいと思います。

なぜなら、冷凍庫にストックがあるというだけで心のゆとりになるから。

具体的に説明していきますね。

離乳食ストックで心にゆとりができる理由1

離乳食ストックのメリットは、何よりもまず調理時間の短縮です。

離乳食ストックはすでに調理済みなので、炒めたり煮たりする時間が格段と短くなります。

だから、短時間で作り終えることができます。

離乳食ストックで心にゆとりができる理由2

食材の無駄がなくなることも離乳食のストックを作るメリットの1つです。

ストックを活用せず、毎回イチから調理していると食材がいつのまにか冷蔵庫で傷んでしまうことがありますよね。

でも、ストックをまとめて作って小分けにし、冷凍しておけば、知らぬ間に傷んでしまうことがなくなるので経済的です。

買ってきた食材をその日のうちに調理して冷凍しておけば、新鮮さも保たれます。

食材を無駄にした罪悪感とは無縁です。

離乳食ストックで心にゆとりができる理由3

離乳食のストックは組み合わせ次第で和食、洋食、中華など、様々なメニューを作ることができます。つまり、離乳食ストックをうまく活用すれば、献立のレパートリーが増やせるんです。

そのため、献立で悩まされたりすることが減って、無駄な時間が減るはずです。


こうした理由から、ストックを活用して離乳食を作るようになると、心にゆとりが持てるようになります。

離乳食のストック作りの手順は?

では、実際に離乳食のストック作りをする際の手順について説明していきますね。

私は週末に食材をまとめ買いするので、その日の夜と次の日の夜、息子を寝かしつけた後に離乳食のストックを作るようにしています。

1日目は主に野菜、2日目は肉や魚を使った離乳食のストック作りをする日です。

それぞれ2時間ほどかかりますが、それで1週間から10日分は離乳食ストックを用意できます。

それでは先日行った離乳食のストック作りを例に、基本的な手順を見ていきましょう。

離乳食ストック作り1日目

離乳食 ストック 野菜 Mina

まず、複数の野菜を1つの鍋で一緒に茹でます。

茹でたら野菜は細かく刻みます。

茹で汁は捨てず、漉してから野菜だしとしてストックします。


離乳食 ストック 野菜 Mina

ほうれん草のように色が茹で汁に出やすい野菜だけは別の鍋で茹でます。


離乳食 ストック 野菜 Mina

茹でるのと同時進行で蒸し野菜も作ります。


離乳食 ストック ケークサレ Mina

茹でて刻んだ野菜の一部を使って「ケークサレ」を作ります。

ケークサレとは、フランス料理の一つで、塩味のケーキのことです。


離乳食 ストック パウンドケーキ Mina

次に、蒸したさつまいもやカットしたフルーツを使ってパウンドケーキを作ります。

ちなみに、このとき使った「スイートポテト」というのはお菓子ではなく、スイートポテトという品種のイモのことです。

日本では手に入りにくいので、そのときはさつまいもで代用するといいと思います。


離乳食 ストック パウンドケーキ ケークサレ オーブン Mina

ケークサレやパウンドケーキ、そして輪切りにしたイモなど、オーブンで焼く必要があるものは一緒に焼いてしまいます。


離乳食 ストック Mina

できあがった各ストックを製氷器やジップロックに入れて冷凍保存します。

離乳食ストック作り2日目

離乳食 ストック 米粉 ホワイトソース Mina

米粉と牛乳(豆乳)でホワイトソースを作ります。


離乳食 ストック 魚肉ハンバーグ Mina

鰯の水煮やツナなどの魚と豆腐で、お魚ハンバーグを作ります。


離乳食 ストック つみれ Mina

ついでに、お魚ハンバーグと同じタネを使ってつみれも作ります。


離乳食 ストック Mina

このほかにマッシュポテトやトマトピューレ、茹でた鱈などを用意して、それらも含めて、すべて製氷皿あるいはジップロックに入れ、冷凍保存します。

製氷皿から食材を取り出すには、毎回、製氷皿の裏に流水を当てて少し溶かしたりする必要があって面倒です。そのため、製氷皿で凍らせた食材は、後日、中身をすべてジップロックに移しておくとよいです。

離乳食のストック作りで役立つアイテムは?

ここからは、離乳食のストック作りで私が使っているアイテムの一部をご紹介します。

なくても問題ありませんが、あると便利なアイテムばかりです。

製氷皿

離乳食 ストック 製氷皿 Mina

製氷皿は細かくカットした野菜、だし、ホワイトソースなどを冷凍するのに便利です。

私は15ml、30ml、50ml、60mlの容器を持っていて、入れるものに合わせて使い分けています。

衛生面を考えて、蓋つきのものを選ぶといいですよ。

製氷皿 フタ付き 4点セット

ジップロック

離乳食 ストック ジップロック Mina

製氷皿に入れない食材は、基本的にすべてジップロックに入れて冷凍保存します。

また、製氷皿で冷凍した食材も取り出しやすさを考えて、次の日にジップロックへ移し変えています。

日付を記入できるので、いつ作ったものか一目瞭然ですよ。

ジップロック フリーザーバッグ M 45枚入

すりおろし器など

離乳食 ストック おろし器 Mina

すりおろし器、すり鉢、こし網、しぼり器などがあると、離乳食初期から完了期までずっと使えるので便利です。

私はそれらがセットになったものを使っています。重ねてコンパクトに収納できるので場所を取りません。

リッチェル 調理器セットE

クッキングライナー

離乳食 ストック クッキングシート Mina

ハンバーグやおやきを焼くときにフライパンに敷いて使います。

油をひかなくても、食材がフライパンにくっつかずに焼けます。

日本ではアルミホイルで同じような製品があるそうですね。

三菱アルミニウム 魚焼きホイル フライパン用 シルバー 約 25cm×6m 油なしでもくっつかない

離乳食のストック作りで役立つ食材は?

次に離乳食のストックを作るときに、あると便利で、私がよく使う食材をご紹介しますね。

米粉

米粉 離乳食 Mina

米粉は購入したら、すぐに密閉容器に入れて保存しています。

蒸しパンやパウンドケーキを作ったり、ホワイトソース作りに使ったり幅広く使えます。

小麦粉より“ダマ”にならないのでおすすめですよ。

魚沼産コシヒカリ100% 米粉1kg

オートミール

離乳食 オートミール Mina

オートミールはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なので、離乳食にぴったりの食材です。

水分を吸わせてから加熱して冷ますと、固まる性質があるので、牛乳や豆乳でふやかしてからレンジで加熱、冷ましたあとにカットすれば手軽にオートミールパンが作れます。

前述の「手順」には出していませんが、オートミールパンは冷凍もできるので、たくさん作ってストックしておくと便利ですよ。

日食オーツ オートミール 500g

だしパック、レトルトなど

離乳食 だし ルウ Mina

自分でイチから作るとたいへんだけど、あると離乳食のバリエーションが広がるだしやハヤシライス、鶏レバーなどはパックやレトルト、粉末に頼っています。

ただし、だしは安心して使用できる無添加素材のものを選んでいます。

恵み茶屋 和風だし 無添加 8g×30包

後編は、ストックで離乳食後期〜完了期の1週間をやりくりする方法を紹介!

以上が、私が普段やっている、離乳食のストック作りの方法です。

けっこうたいへんそうに見えるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。

ストック作りの2日間は寝る時間が多少遅くなってしまったりするかもしれませんが、そのぶん残りの5日間がだいぶ楽になりますよ。

次回の後編は、このストックを使って、離乳食後期〜完了期の1週間をどうやってやりくりするのか、具体例を見せながらご説明します。

お楽しみに!


Mina

Mina

料理インスタグラマー


イギリス在住2年目の専業主婦です。夫と息子との3人暮らしで、日々の料理や離乳食をインスタグラム(@mina.s1222)に投稿しています。